人を変えることはできないが、人は変わるべき時にその人自身によって変わるもの

0ビュー

(写真=PhotoAC

お金持ちだから、幸せになれるわけでもないみたいです。ここ最近、お二人の人生の先輩と知り合いました。どちらもシニアの方です。ここでは優しいAさん、きついBさんという呼ぶことにします。たぶん、どちらもお金持ちです。

優しいAさん、きついBさん

優しいAさんは自分の弱さを見せることができます。「最近、目が悪くなってよく字が見えない」とか言って、分からないことを聞きにきてくれます。私はAさんのことが大好きなので、頼りにされるととてもうれしくなってしまいます。

Aさんは自分の能力を超えたことには他人の助けを求め、できることでは他人を助けます。あほな私にとっては、Aさんはとても頼もしい存在です。近くにいるだけで、周囲の重しとなって冷静な判断をもたらします。おしゃれで教養も感じさせます。教養といっても難しい知識をひけらかすのではなく、童話からの引用もあります。私は常々、このようなカッコイイ紳士になりたいと思うのでした。

一方、きついBさんは他人の弱さを絶えず探し、うわさ話と陰口ばかりしている人です。他人が知らないことを見つけては攻撃し、だからといってフォローもしません。どこかしら近寄りがたく肝心なときには頼れません。周囲の雰囲気はパニック気味で、どこかしらピリピリしています。パワハラやDVでの潜在的な訴訟リスクも抱えていると感じてきます。

ところが、ここからが面白いところです。難ありの人物に見えても、Bさんは社会的に孤立していません。人は、似たような気質の者同士でつながります。Bさんの周囲ではうわさ話が大好きな人たちが集まり、コミュニティが作られているのでした。言い換えれば、互いが理解しあえる人たちです。

弱い人を攻撃したくなる人が現れるのか

優しいAさん、きついBさん。どちらも高学歴で、高収入で、世間で尊敬される仕事に就いています。どうしてこのような違いがでてしまうのでしょうか。私はBさんが少々苦手です。そんな折りに、Bさんのような人物を話題にしたブログ記事を見つけました。

『50代からの貧乏ながら気楽な人生』より(Photo=kimukuni)

愛読するブログ『50代からの貧乏ながら気楽な人生』の「親族の飲み会でまたやらかした最低男」[1]という記事です。一節を引用してみます。

親類の一人に大学を出てから公務員一筋で勤め上げた人がいる。彼は数年前に公務員を退職され、現在は自治体から紹介された企業で働いている。

出典:親族の飲み会でまたやらかした最低男 – 50代からの貧乏ながら気楽な人生、(閲覧日:2019年2月8日)

この記事のなかで登場する親類の方は「弱者を一括りにして排除する考え方」で、「国の世話になっている奴など、日本から出ていけばいい」とまで言い放ってしまうようです。高圧的で攻撃的なところはBさんと似ています。

人を攻撃して「勝て」ば、相対的に自分の立場が上がったと感じるかもしれません。どうして自分の立場を上げたいかといえば、低いと感じているからです。自分の尊厳を守りたい危機感が表れていて、自己否定を暗示します。しかし、それは一時的なものなので、攻撃は繰り返えされます。

力や余裕があるのなら、弱い者いじめをする必要はありません。みずからの力で羽ばたけばいいのですから。いや、はばたく必要もないかもしれません。いまあるがままでいいのですから。これが、前述のAさんの魅力に通じていると私は分析しています。他人に優しくできるには、自分を肯定できる必要があります。

ところで、『50代からの貧乏ながら気楽な人生』の筆者のRYUさんは「不埒な人生を送っている」と自己紹介しているだけあって、このきつい親類の攻撃対象となってしまいます。飲みの場は険悪な雰囲気となってしまいます。だからといって、筆者はこの親戚を全否定はしません。RYUさんは「人の考えはその時々で変わるもの?」として、こう続けます。

しかし決して仲がわるいわけではない。10年以上前、彼は私に「どうしたら君のように自由に生きることができる?」と質問をうけたことがあった。当時私の生活は悪くなく、それでいて不埒に生きていたので、うらやましく思えたのかもしれない。

人はさまざまな絆をもって生きています。妻であったり、親類だったり、仕事仲間だったり……。相手がどうしてそう考えざるをえなかったのか、見抜いた上で適度な距離を保つことは人間関係を築くこつなのかもしれません。

人を変えることはできないが、人は変わる

常々思うことですが、人を変えることはできません。しかし、人は変わるべき時にその人自身によって変わるものです。時が変われば、また仲良しになれるかもしれません。人を変えることはできませんが、人は変わります。Bさんとも友だちになれるかにゃ。


【脚注】