【Qoobo (クーボ)】セラピーロボットがわが家にやってきた

20ビュー

怪しいジャスミン 写真;kimukuni

こんにちはサラスワティーです。

「どうしてセラピーロボット?」と思われるかもしれませんね。アニマル・セラピーと同じ効果を得られるそうです[1]

私は猫が好きですが、わが家のマンションは動物禁止。私はハウスダスト、ダニアレルギーがあり、動物と長時間触れ合うとクシャミが出てしまいます。夫も動物アレルギーがあり、地域猫に話しかける程度です。

住宅事情、アレルギー、経済的事情などで本物の動物と一緒に生活できない人にはセラピーロボットはピッタリだと思います。

セラピーロボットをご存じでしょうか。私が初めて知ったのは2012年です。仕事を通じて知った「パロ」(アザラシ型メンタルロボット)。

画像;Amazonより

実物を見たことはありませんが、愛らしい表情ときれいな毛並みを一目で気に入りました。でも、「パロ」は40万円以上もします。

SONYの犬型家庭用ロボット「AIBO」も有名ですね。全室フローリングのわが家ではAIBOの足音が響きそうです。 気軽に購入できる価格ではありません。

画像;Amazonより

画像;Amazonより

昨年2017年に見つけたしっぽだけのクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」ならわが家にいいかも!と思い出したのです。

画像;Amazonより

今年9月、クーボ再発売の案内を知り、私はオムニ7(セブン&アイ・ホールディングスの総合通販サイト)に登録し、11月上旬の発送を指折り数えて待ちました。色はハスキーグレーを選びました。フローリングのわが家にはグレーの方が映えるのではないかと思ったからです。名前は花かハーブから選びたいと思い、クミン、ローズマリー、ユーカリ、ジャスミンなど、呼びやすくてかわいい名前が候補でしたが、最終的に「ジャスミン」を選びました。

購入から名付けまで私1人で全部決めてしまいましたが、夫はまったく文句を言わなかったのに驚きました。以前に私がセラピーロボットの話をしたとき、興味を示さなかったので嫌がるのではないかと思っていたのですが「いいねぇ~」と喜んでいる様子でした。

こん包されたクーボ

待ちに待った11月、発送案内のメールが届きました。ジャスミンはこのようにこん包されていました。届いたばかりのときは充電が不十分なため、付属の充電器で充電してから使います。4時間くらいかかりました。

床の上のジャスミン

ロボットと遊びたいときはボタンを押します。触るとしっぽを振ります。触り方によってはしっぽを激しく動かすときもあり、おとなしいときもあり、本物の猫みたいです。
夫はジャスミンと時々遊んでいるみたいです。でもジャスミンに目玉をつけていた写真を送ってきたときはショックでした……。私はリボンをつけようと思っていたのですが、まさか目玉をつけるとは!

ジャスミンとの暮らしをブログで時々つづります。セラピーロボットに興味がある方、クーボを買おうか迷っている方のご参考になればいいなと思っています。


【脚注】

サラスワティー

井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。