【10年超の革靴、チャールズパッチ】小さな割れを革パッチで修理

10ビュー

Photo by kimukuni

駅中の靴修理店「MISTER MINIT」(ミスターミニット)に革靴の修理を出していました。修理代は1500円ほど。10年超の付き合いの革靴です。とうとう履き口に小さな割れができてしまいました。

果たしてどのような仕上がりになるでしょうか。つぎはぎのある靴でも仕事に支障はないのでしょうか。結果は靴が修理から戻ってきたら報告します。

5日後、手元に靴が返ってきました。正式なチャールズパッチと呼べるか分かりませんが、革パッチで割れを挟んでいます。縫わずに接着するなら、当てる革をもっと小さくできるそうです。しかし接着は選択せず、糸で「コの字」にしっかり縫ってもらいました。見栄えよりも頑丈さを選ぶことに。

逃げも隠れもしない傷痕です。冠婚葬祭には向かないかもしれませんが、仕事では使えると判断しました。長い付き合いの靴がさらに愛おしくなってきます。

メンテナンス代を累計すると新しい靴が数足買えます。しかし、長く付き合える喜びの方が強いものがあります。これからも手入れして履き続けてゆくことでしょう。(写真も筆者)