【衝撃の結果】「Apple アフィリエイトプログラム」に参加申請してみたら

140ビュー

Appleアフィリエイトプログラムに申請してみた

無印iPadを購入したことですし、「Apple アフィリエイトプログラム」に参加してみようと思いました。

Appleのアフィリエイトとは

まずご存じない方のために、Appleのアフィリエイトの仕組みを少々説明しておくことにします。(ご存じの方はここを飛ばして読んでくださいね)。

apple.comのアフィリエイトに参加しませんか?対象のApple製品のプロモーションを行ってお客様を案内すると、コミッションを受け取れます。プログラムについてさらに詳しく。

Appleアフィリエイトプログラム」と「iTunesアフィリエイトプログラム」の2種類あります。名前は似ていますが、別物です。「Appleアフィリエイトプログラム」はAppleのオンラインストアの商品を。「iTunesアフィリエイトプログラム」はコンテンツを紹介できます(iTunesで販売されるiPhoneアプリ、Macアプリ、iBookコンテンツ、音楽など)。

【2018年8月3日追記】Appleは2018年10月1日から「iTunesアフィリエイトプログラム」でiOSとMacのAppとApp内コンテンツをアフィリエイトプログラムの報酬対象外になると発表しています[1]

今回、申請してみたのはオンラインストアの商品を紹介する「Appleアフィリエイトプログラム」の方でした。

「iTunesアフィリエイトプログラム」はわりに申請はとおりやすく、「Appleアフィリエイトプログラム」は難しいようです。「Appleアフィリエイトプログラム  落ちた」でGoogle検索をしてみますと、思いのほかたくさんヒットします。「残念ながら、今回はお客様の申し込みをお受けすることができませんでした」という一文とともに、お見送りメールが届くことが多いようでした。

「Apple アフィリエイトプログラム」に申請してみた結果

こうしたことから、私の申請も落ちるだろうと思い、あまり期待せず結果を待つことにしました。木曜日に申請し、結果が届いたのは月曜日です。そこには次のように書かれていました。

Appleアフィリエイトプログラムから届いた審査の結果

現在 Apple アフィリエイトプログラムでは新規参加申請を承っておりません」と書かれていたのです。予想だにしていなかった言い回しでした。

でもなあ。新規参加申請を募っていないのなら、どうして申し込み申請フォームがあるんだろう? 京都人に「ぶぶ漬けでもどうどす?」(遠回しに「早く帰りなさい」という意味)と言われたような気分になりました。

とにもかくにも、Apple アフィリエイトプログラムの申請は通らなかった、という結果でした。Appleからぶぶ漬け


【脚注】

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介