Just Right!は日本語の助動詞が登録不可!テキストエディターで乗り切る

60ビュー
 

Photo by Photo AC

うっかり者の私は、文章チェックでジャストシステムの「Just Right! Pro6」を使っています。似たチェック機能は一太郎やMicrosoft Wordにもあります。このJust Right! シリーズはワープロソフトではありません。校正ソフトとしてチェック機能を特化した作りになっています。

魅力のひとつは「共同通信記者ハンドブック」校正辞書で、表記のゆらぎを指摘してくれることです。オリジナルの校正辞書も作れます。このJust Right!はWindows版のみで、Mac版はリリースされていません[1]。したがいまして、私はMacにWindowsOSを入れて使っています。

このJust Right! には弱点もあります。日本語の「助動詞」を辞書登録できないことも、そのひとつです[2]

Just Right!の形態素アナライザーで助動詞を調べたところ。

助動詞は「です」「でした」「ました」「ます」などで、語尾に表れます。同じ助動詞が連続して使われますと、文章のリズムが単調になってしまいます。

残念なことに、Just Right! Proの検索置換では機能の代用になりません。検索キーワードが、一カ所ずつしか反転しないからです。これでは全体のリズムをつかめません。

Just Right! Proの検索は一語ずつしか指摘してくれない。

「助動詞」を指摘してくれないこの弱点は、テキストエディターの併用で補えます。世の中には、さまざまなテキストエディターが出回っています。選ぶポイントは、複数のキーワードを、一気に指摘してくれるかどうかです。私は無料アプリ「CotEditor」を使っています。

CotEditor

無料
(2018.06.08時点)
posted with ポチレバ

複数のキーワードは、下の正規表現で検索をします。

です|でした|ました|ます

「CotEditor」で検索しますと、全体のリズムがつかめます。

テキストエディターで正規表現を使い検索したところ。結果を一気に指摘してくれる。

「CotEditor」と仮想PCで動かしている「Just Right!」は私にとって、はなくてはならない組み合わせです。以上、パソコンで行う校正、原稿整理のお話でした。

PR


【脚注】

  1. 2018年6月8日現在
  2. ジャストシステムサポートに確認、2018年6月7日