【出勤前3分で作るおにぎり】凝らない・美味しい・滋養あり

100ビュー

笹ちりめん入りの「速攻おにぎり」(Photo by kimukuni)

今回は出勤前に作る、少々凝った「速攻おにぎり」の話です。

ちりめんを加えた速攻おにぎり

お弁当作りのモットーは「凝らない」です。いや、むしろ凝ってはいけません。遅刻してしまいますので。

仕事場に向かう前におにぎりを作ります。所要時間は、2つで3分程度です。

5分後に家を出ないと、職場に遅刻してしまう! お弁当を作る時間がない! グルメとは無縁ですが、おにぎりを速攻で作るワザを公開します。

ご飯は、二分づきで精白したお米で雑穀も混ぜています。もし、具材を入れる時間がなくても大丈夫。滋養が多いので、栄養的には安心なわけです。白米よりも粘り気が少なく、かむほどに滋味に富みます。

ところが、ここ数日はモットーに反して少々凝っています。知り合いから、三宝庵の『笹ちりめん』という具材をいただきました。

笹ちりめん(Photo by kimukuni)

京都にある老舗の逸品です。

京のちりめん山椒「三宝庵」より京の味をお届けします。京都洛北は北山の実山椒と選り抜きのちりめんとを、秘伝の手法で一味一体させた極上品でございます。

では、少々凝った「速攻おにぎり」の作り方を解説します。

三分でつくる速攻おにぎり

まず、速攻でボウルに「ごはん」と具材を放り込みます。

速攻で道具をかき集めます。(Photo by kimukuni)

速攻で、いい加減に混ぜます。

出勤前なので遅刻しないことが最優先事項です。適当にまぜます。(Photo by kimukuni)

速攻で、「おにぎり型」に詰めます。

このおにぎり型は、数年来の愛用品です。どこで買ったのかは忘れてしまいました。(Photo by kimukuni)

速攻で、ラップを巻いた板きれ(お皿でも可)の上に落とします。

ラップは板きれかお皿に巻き付けて使うときれいに使えます。(Photo by kimukuni)

速攻で、巻いて出来上がり。

おにぎりができあがりました。海苔を巻いたり、ゴマ塩をまぶしたりするかは、時間との相談です。(Photo by kimukuni)

速攻で布でつつみ、仕事場へダッシュします。

布は手ぬぐいだったり、バンダナだったりします。(Photo by kimukuni)

ここまで要した時間は、洗いも含めて3分ぐらいです。おかげさまで遅刻したことはありません。

筆者のまとめ

『笹ちりめん』は、実ざんしょうが効いて洗練された風味です。

すーっとした爽やかさ。追って、にがからさが舌を刺激します。さんしょうの軽やかさは、雑穀と二分づき米の重さを相殺し、これがまた複雑な味わいを生み出すのでした。

仕事の合間にかぶりつくおにぎり。空腹を満たせるだけでなく、リフレッシュもできます。なかなか絶妙です。

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介