レンコンで風邪予防、気管支炎ぜんそくも楽に

20ビュー

20025-02

寒い季節になりますと、風邪で数日おきに点滴を受けながら仕事をすることがあります。体調がよくなったら、次に妻が風邪でダウンということも。そこで、風邪に備える食べ物を調べてみました。

レンコンは風邪の特効薬

レンコンを漢字で書くと「はすの根っこ」、蓮根です。昔から精進料理にも欠かせない根菜で、民間療法でも風邪の特効薬としても使われてきました。原産地はインドやエジプトという説もありますが、定かでありません。中国を経由して、日本で食べられはじめたのは奈良時代頃と言われています[1]

20025-04

ネギ、生姜、りんご、大根の蜂蜜づけ、カリン、ホットワイン……。風邪に効く食べ物をいくつか思い浮びます。そのなかで、効果があったのはやはりレンコンでした。

私は喘息持ちです。個人差はあるかもしれませんが、レンコンの効果を病気を通して知っています。絞り汁を飲むと喉の痛みが消えて、気管支炎もスッとやわらぎます。レンコンに含まれるタンニンがせき、腫れを改善してくれるようです[2]。(もっとも、あまりにもひどい症状のときはレンコンに頼らず、病院に行きます)。

また、レンコンにはビタミンCを多く含んでいて、その量はレモンの1.5倍です。レンコンのビタミンC は加熱してもほとんど失われません[3]。ビタミンCには、白血球の機能を高め、抵抗力を高める働きがあります。

レンコン汁の飲み方

皮ごとすり下ろし、キッチンペーパーやガーゼなどで絞ります。すっきりした甘みでそのままでも飲めますが、リンゴジュースなどで割ってもおいしくいただけます。

はちみつや生姜、葛なんかも加えますと、ますます体が温まります。まだ試していませんが、いずれレンコンのハチミツ漬けも作ってみたいと思っています。毎日少しずつ飲みますと、風邪の予防になりそうです。

寒い季節には、カリンやレモンのハチミツ漬けを作り、お湯を注いでホットカリンやホットレモンで飲んでいました。薬用の飲み物は、心身を温めてくれます。

20025-03

ものは考えようです。体調を崩したからこそ、レンコンの薬用に気づけました。家族や自分自身が病気になって、健康のありがたみを改めて理解できるものです。病気を経験は、自身の世界観を広げるきっかけになりえます。

PR
クリスタルヘルスジューサー オレンジ
富士パックス販売 売り上げランキング: 56,559