【忍者ツールズ】忍者アナライズSSL未対応、顧客サポートに難あり

100ビュー

サイトがSSL対応(https://)するのは、SEOで有利です[1]。Google検索で上位ランキングすることが期待できます。

アメブロも「https://」からはじまるアドレスに変わりました。このブログもSSLに対応しています。こうした時流のなか、忍者アナライズをめぐる失敗談を書いてみます。

忍者アナライズを2018年1月8日に新規契約しました。忍者ツールズ(開発元はサムライファクトリー)が提供するサービスです。Googleアナリティクスの数値と比較検証したかったので、契約してみました。料金は年払いです。

ところが、忍者アナライズはSSL未対応だったのです。サービス説明ページには何も書かれていません。しかし、FAQで検索しますと「忍者アナライズはSSL未対応」という一文がヒットしました[2]

この件で驚いた私は、開発元のサムライファクトリーさんに問い合わせました。回答は以下のとおりです。

  • 忍者アナライズのSSL未対応に関する記載が分かりづらい点で謝罪
  • 返金不可
  • SSLに対応している他サービス(忍者アクセス解析有料版)への移行不可
  • 忍者アナライズのSSL対応については現段階では未定

その後、さらに仰天することが起きました。

2018年1月10日時のサービス説明。「※4」の項目はない。

2018年1月10日段階でSSL未対応の説明はありません。しかし、数日後に「※4 『忍者アナライズ』はSSL未対応です」と加筆していたのです[3]

ここから不備を認識していることが分かります。しかし「不備を認め、謝罪はするけど、対応はしない」というのはいかがなものでしょうか。

返金や他サービスへくら替えの提案といった対応があったなら、忍者ツールズの評判もあがったことでしょう。顧客の創造にもなったことでしょう。

実際はこうでした。契約はしてみたものの、いまだ何も使えないままです。この契約で私が体験できたのは「がっかり」だけでした。AppleやAmazonのサポート対応になれてしまいますと、サムライファクトリーさんのサポート(マーケティング、リスクマネジメントも含めて)にを感じてしまいます。


【脚注】

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介