【戸越の地域ネコ】カンパ箱で育てられる地域ネコ さい銭をもってネコ詣

20ビュー
何もしてないけれど、それだけで十分に愛される

何もしてないけれど、それだけで十分に愛される

ある寒い夜のこと。中延方面に向かって戸越の商店街を歩いていると、地域密着型のアイドルと出会いました。

アイドルといっても、ネコです。ちっこいアイドルは、酒屋の前に座っていました。あまりにも可愛らしい見目姿なので、店先で足を止めました。通りに背を向け、入口のど真ん中に鎮座するので客が店に入れない。招きネコにしては、仕事の仕方が珍しい。

不動心を体現したようなネコだ

不動心を体現したようなネコ

人に慣れているようで、人を怖がりません。禅僧のように、じっと動かない。

ひたむきな後ろ姿がたまらない

ひたむきな後ろ姿がたまらない

ネコが見つめている先に、酒屋のおかみさんがいました。ひたむきな姿からは、信頼、愛といったものを感じます。首輪はしていません。店の両脇には、次のように書かれたカンパ箱が置かれていました。

地域で可愛がっているネコがいます。お気持ちでけっこうです。そのネコちゃん達にお願いします。

太郎と花子のご飯代としてカンパをお願いします。

このネコのことらしい。餌代を募り、地域で育てているネコの一匹だと分かりました。ネコは不思議。何もしてないけれど、それだけで十分に愛される。むしろ何もしなくてもよい。

何もしていないことが、何かをしていること。存在自体が、素晴らしい。

34798-IMG_9158

あらあらと言って、おかみさんが歩いてきました。この招きネコ、かわゆくて、たまらんではないか。出てきたおかみさんとネコの話をして、ペットボトルのお茶を買って店をあとにした。地域ネコで、地域経済に貢献してしまった。そういやカンパもすればよかったな。

家に帰ってから、この話を妻にした。妻も戸越に行きたいと言う。というわけで、妻を連れて戸越へネコ詣を近々せねばならなない。そんときは、さい銭(カンパ)も忘れないようにしよう。

PR
木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介