【iTunes】右クリック・テキスト選択不可の対応は、ブラウザを使う

120ビュー
32621&iTunes-eye

画像はiTunes版のデビッド・ボウイDavid Bowie on iTunes

iTunesでは「テキスト選択」や「右クリック」(Macの場合はコントロール+クリック)ができない箇所があります。iTunes StoreApple Musicのサービスに関わるページです。

すると、困ったことが起きます。たとえば、アーティストのバイオグラフィが外国語のときです。テキストを選択し、辞書で調べたり、ウェブ検索ができません。スペルを手打ちして調べるのは、とても不便です。この件を、Apple Careに取材したところ、「仕様」という回答でした。

しかし、テキスト選択をして単語を調べたり、引用のためにコピーするのなら、ブラウザを使った次の方法で解決できます。

ブラウザを使ってテキストの選択する方法

iTunesの「リンクをコピー」

右上にある「四角と上矢印」のアイコンをクリックします。ポップアップが表れたら「リンクをコピー」を選択します。

iTunes、右クリック・テキスト選択ができないページでの対応方法

「四角と上矢印」があるページなら可能な方法です

ブラウザのアドレスバーにペースト

次に、ふだん使っているブラウザを立ち上げ、アドレスバーにペーストします。Enterキーを押すと、Tunesと同じ内容のページに移動します。

iTunes、右クリック・テキスト選択ができないページでの対応方法

アドレスバーにショートURLをペーストすると、iTunesStoreのリンクに飛んでゆきます

ウェブなら、テキストを選択ができますね。

iTunes、右クリック・テキスト選択ができないページでの対応方法

画像は、Macの場合。一番上の「検索」を選ぶと、内蔵の辞書機能が使える。

以上、iTunesで右クリック・テキスト選択ができないページを、ブラウザで対応する方法でした。iTunesから曲やアーティストなどの情報を得たり、引用してレポートを書くとき、地味ながら役立つのでオススメです。

PR