【パソコンのiTunes】iPhoneなどiOSアプリを「一括削除」「一括追加」

430ビュー

iPhone・iPadアプリをiTunesで「一括削除」「一括追加」、その仕組みについて

iPhoneの「設定」に「iTunesStore/App Store」という項目があります。ここの「アプリの自動ダウンロード」が、不用意にオンの設定になっていました。その結果、同じApple IDを使っている別のiPhoneでダウンロードされたアプリが、ここで問題になっているiPhoneにダウンロードされ続けていたのです。

画面いっぱいにアプリの山!

カンタンなようで深い話

アプリの削除・追加。iPhoneは個別、iTunesでは一括も可能

iPhone側でアプリを長押しすれば、削除ができます。一つや二つなら、この方法でまったく問題ありません。しかし、今回のケースはアプリの数があまりにも多すぎです!

iPhone・iPadアプリをiTunesで「一括削除」「一括追加」、その仕組みについて

iTunesに繋いで一括削除するのが、カンタンだと思いました。

購入した項目を転送したリストから削除と追加

左側のメニューから「App」を選ぶ

iTunesがインストールされたパソコンにiPhoneを繋ぎます。次に、左側のメニューから「App」を選びます。すると、購入したアプリを転送したリストが表れています。

iPhone・iPadアプリをiTunesで「一括削除」「一括追加」、その仕組みについて

「App」のリストは、ローカルの情報

ここで表れるリストは、“パソコンのなかに転送されているアプリ”が見えています。App Storeの購入履歴ではありません。このことは、重要な点です。

iPhone・iPadアプリをiTunesで「一括削除」「一括追加」、その仕組みについて

自分のパソコン、つまり「ローカル」にある情報が見えています。バックアップの際に、iTunesで「購入した項目を転送」をしておくと、アプリ廃番の備えになるということ、バックアップから復元したときにアプリのデータも戻せるといった利点があります。(注意:LINEなど、データを戻せないアプリが一部であります。)

「購入した項目を転送」の役割については、次の記事も役立つかもしれません。

「復元」と「オールリセット」の違い。iPhoneやiPad、iPodが不調の時 – かくひとかくひと – スクスク育つ大人のブログ

アプリ廃版に備えてますか??App Storeから消えたアプリをiPhoneに復活させる方法 – かくひとかくひと – スクスク育つ大人のブログ

さて、どのように「適用」させたいのかiTunesから聞かれてきます。

設定して適用

今回は増えすぎたアプリを一括削除が目的なので、“削除は「削除する」” “インストールするは「インストール」”で設定をします。

28512-05

設定が終わったら「適用」を。確認のポップアップウィンドウが表示されるときは、削除を押します。

28512-07

「購入した項目を転送」が関わる話だった

こうして一括で、アプリをiPhoneのホーム画面から消すことができました。もちろん、ここでできることはアプリの削除だけではありません。アプリを戻す(インストールする)こともできます。

購入した項目を転送していると、バックアップから復元した際にデータも戻せるし(LINEのように戻せないアプリもあるけれど)、App Storeでダウンロードが終了したアプリもiPhoneに戻すことができます。

今回は、iPhoneのアプリをiTunesで削除するお話でしたが、実は「購入した項目を転送」の理解も関わる切り口なのです。

PR