【47歳、童貞、職歴なし】元・司法浪人の暗すぎる話が妙に心へ響く。

9,660ビュー
暗すぎる話が妙に心へ響く。

暗すぎる話が妙に心へ響く。

ときたま更新される「昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ」は、独特の哀愁があって気になるブログです。

anokoronimodoritaiさんのブログ「昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ」です。最近の記事は「我慢すればきっと良いことがあるに違いないと思い込む…2」です。

アラフィフ、童貞、職歴なし…。暗いテーマなので、万人受けしないかもしれません。反面教師として読みつつ、どこか身に覚えのあるきまり悪さを感じます。人生の一発逆転を夢見る姿は、自分自身やこれまで出会った人たちと、どこか重なります。

彼の言葉は熱狂的な読者を獲得し、投稿記事で3000ものコメントを集めます。ひそかな人気ぶりをうかがえます。

モテたい、しかしモテない。だから、大学受験を志す

ほかの男子高校生と同じように、ごくごく一般的な悩みを抱えていた。

ほかの男子高校生と同じように、ごくごく一般的な悩みを抱えていた。

まずは高校時代をつづった言葉を引用してみます。筆者は誰しも身に覚えがある「淡い思い」を抱いていました。

高校時代、ほかの男子高校生と同じように、ごくごく一般的な悩みを抱えていたのである。「高校生の彼女または女友達がほしい」これだけである。

出典:昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

性的な欲動は生きる原動力となる大切なエネルギーです。

久保由利香 リビドー [DVD]

リビドーはさまざまなの欲求に変換可能な心的エネルギー[1]

しかし、彼は性的な欲動を上手に扱えませんでした。もてないことや童貞の言い訳に、一流大学をめざすことにします。

「女子としゃべれないと、これから大学に行ったとき間違いなく浮いてしまう。大学生で、女子と付き合ったことがなく童貞だなんて、恥ずかしくて言えない。」

出典:昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

そして、見事に「マーチ法学部」へ現役合格を果たしました。

浪人、医学部受験

東京大学(理科) (2016年版大学入試シリーズ)

あこがれの東京大学、そこは日本一。

しかし、彼のプライドは、「マーチ法学部」で満足できません。

合格した大学を蹴って、東大医学部の受験に挑みます。このような調子で、彼は人生の大半をリベンジに費やしてゆきます。

4浪。そして、失恋…。

夢破れ

夢破れ

東大受験に失敗。4浪の末、現役の時に合格して大学に入学することになりました。

入学して周りから浮いてしまったため、結局プライドを捨てきれず、仮面浪人する羽目になる。そしてそれも失敗し、トップを取るどころか2年も留年した。

出典:あの頃にもどりたい・・・3|昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

一巡して大学生となった彼は、淡い失恋を体験します。ある女性を意識するようになりました。

当時学部の中でとりわけ美形な女子がいた。ポニーテールの似合う田中好子に少し似た感じの女子だった。

出典:転落する人生・・・2|昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

意を決して話かけてみるものの、彼女は彼の顔を覚えてすらいません。

彼女が早稲田のサークルにいるというだけで、自分の中では彼女は高学歴、当時で言う三高の女なんだと思い込み、それなら俺は弁護士になってやると意気込んで勉強を始めた。

出典:転落する人生・・・2|昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

傷ついた彼は、弁護士になって見返そうと決心しました。

弁護士の夢破れ、気がつけば47歳。変態に。

トンボの変態

トンボの変態

学校の授業を馬鹿にしすぎて2留の末に卒業。司法試験にチャレンジするものの失敗、気がつけば47歳で童貞、職歴なし。塾の講師を試みるものの、即クビに。

正社員になるには難しいキャリアと年齢です。しかし、孤独な人生は彼の性癖という才能を「進化」させました。

SM プレイ グッズ 豪華8点セット !! 首輪 アイマスク 口枷 手枷 足枷 鞭 ロープ 鈴クリッパー (ブラック)

さらに、あまりの女日照りに、性的興味は変質し、SMものや恥辱ものなど、極度のマニアックな性行為でしか興奮しなくなってしまった。 もはや最狭義の精神異常者である。

出典:昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

芸術家・会田誠さんの作品を持ち出すまでもなく、変態の道も奥深いものがあります。

青春と変態 (ちくま文庫)

変態にも才能が求められると思うのですが、彼の文才からはAV男優とか、エロ系ライターとか、いろんな道が開かれているような気もします。

参考までに、90年代初頭の法政大学の雰囲気

彼は1989年4月にマーチの法学部に入学し、1996年に卒業をしたようです。1990年代は18歳人口のピークを迎えて、大学には多浪生がたくさんいました。私が籍を置いていた法政大学はどこかの大学を落ちてきた人ばかりで敗北感いっぱいだったけど、だからこそ同病相憐れむで、学部や一部・二部を問わず、みんなとっても仲良しでした。

2浪してラサール高校からやってきた人、地方の国立大を中退してやってきた3浪の人、8年間も大学生をしている強者もいたし、4浪でも、当時の法政ならすぐに溶け込めた可能性は非常に高いと思います。

初めから女子にアタックすればよかった?

失敗は、成功の見込みがないプロジェクトを少々に終了する良いきっかけになる。

失敗は、成功の見込みがないプロジェクトを少々に終了する良いきっかけになる。

恋や就職でも、粉々に玉砕した方が良いことがあります。失敗は、成功の見込みがないプロジェクトを終わりにするきっかけになるので、時にはとても重要ではないでしょうか。

今思えば、初めから女子にアタックすればよかったのだ。 彼女いない歴の言い訳のため、職歴無しを取り繕うため、高齢童貞を取り繕うため、そのために貴重な貴重な青春時代を費やした。 その結果、まともに人と会話することすらできなくなっていた。

出典:昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

人生は長いようで短く、短いようで長い。医者であれ、弁護士であれ、変態の道であれ、自らを必要としてる人、世界、仕事場に身を置くことは大事なことだと思う。

最後に2chで見つけたコメントを付記いたします。

何がすごいって自分の感情を全く隠さない恥部を全部さらけ出してる自分がコミュ障の、ほぼニートで、クズだってわかってるわかってる上で、こういう文章に昇華してるそれがすげえ

出典:50目前元司法浪人無職童貞職歴無し

PR


【脚注】

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介