【クッキングペーパーで脂がのったサンマ焼く】男の料理編♪

80ビュー

20061-main

港町近くの生まれなもので、魚料理が大好きだ。凝った料理じゃなくて、焼き魚で全然オッケー!

魚を焼くと臭いが部屋に染みついて大変である。そこで、クッキングペーパーを使って魚を焼く技が役立っている。イワシ、ニシン、シシャモなどを焼いてきたが、今回は、上級者編と思われる脂がのったサンマ♪秋の美味である。

近所のスーパーで二尾で158円で売られていた、これは買いでしょう。

サンマ

秋のサンマは脂肪分が多く美味なのだけど、脂がのっている分、部屋中がサンマ臭くなってしまう。

サンマ

これはダイソーで買った格安のクッキングペーパー。
20061-04

クッキングペーパーは二枚使うのがコツ。敷き布団と毛布みたいな感じ。毛布みたいに包まったクッキングペーパーは、あとでひっくり返すのに便利なのだ。

20061-05

魚を裏返すときには、調理用トングが便利である。

20061-06

20061-07

念には念を入れたら、焼きすぎた!サンマの香りがするものの、部屋中が臭くなったり、ガス台が汚れて大変ということはなかった。臭いの主たる原因は魚を焼くときの煙なので、なるべく出さないように工夫すると良いだろう。

サンマ二尾なら、定食メニューで900円ぐらいかな?自分で焼けば、数百円で済むのは感激である。めちゃ旨かったぜ。

男ならサンマぐらい焼けなきゃね。