iPhoneとAppleWatch 道具は然るべき組み合わせによって能力を発揮する

71ビュー

150420-2

新商品「AppleWatch」なるもの詳細がプレスリリースで次々と伝えられるたび、値段や機能で私は不満を募らせていました。たとえば、「AppleWatchの憂鬱2015年4月24日にいよいよ発売」という記事まで書いて配信し、不満や不安を表明までしていたのです。

とはいえ、私は心変わりをしました。AppleWatchの予約注文を終えてみると、新しい意味と大きな存在感に気づきます。これは、はじめて未知なるiPhoneを購入した時のワクワクするような不安感に似ています。

iPhoneと幸せになるための組み合わせ

iPhoneは生活に欠かせない日用品です。電話、ショートメール、インターネット、買い物から目覚まし用のアラームに至るまで支えてくれます。

大切なiPhoneも、いつかは世代的に古くなる宿命をもっています。私に関して言えば、買い換えのペースは、概ね二年おきです。通信会社と交わす悪しき二年縛りの都合もあります。でも、理由はそれだけではありません。二年という期間は、世代的にも「現役」を感じさせるギリギリの期間だと思います。

例えば、iPhone4sと二年後に発売されたiPhone5sでは隔世の感があります。通信速度だったり、指紋認証だったり、SIMカードの大きさも違い、さまざなま進化がみられます。「二年後」というタイミングは、iPhoneが現役を終え、買い換えを考えるきっかけとしても妥当かもしれません。

道具は然るべき組み合わせによって能力を発揮する

アンプとスピーカー、絵の具とキャンバス、食材と調味料……。モノは然るべき組み合わせによって能力を発揮します。

私は、iPhoneとiPadを毎年、相互に買い換えてきました。今年はiPhoneの機種変更、来年はiPadの機種変更……のように。しかしながら、大きめの画面のiPhone6PlusとiPadAirを、両方持っていても、必ずしもワクワクしません。できることは、ほぼ同じです。できることを補うわけでもなく、発展させるわけでもない。もちろんiPadは、素晴らしい道具です。ゲームや電子書籍などを読むには、適切な大きさです。とはいえ、iPhone6Plusの登場で、iPadの存在感は下がりました。

今後、iPadとAppleWatchの存在感が入れ替わるのでは

かつて、iPadとは何かと聞かれたとき「iPadとは、でっかいiPhoneだ、どうだ便利だろう」と、冗談を込めて答えていました。それは、以前までは説得力がある答えでした。以前とは、iPhone6Plusが発売される前のこと。

いま思い返せば、iPhone3GsやiPhone4sといった3.5インチの画面はとても小さかった。iPhone5から5sとなり、縦長に少々大きくはなりましたがそれでも、操作にはイラつきました。iPhone6Plusの5.5インチとなって、やっとストレスなく操作ができるようなりました。もう、電子書籍や新聞を出先で読むためにiPadAirを持ち歩く必要はない。このことに気づくと、とてもホッとしたものです。その一方で、ポケットに入れて持ち歩くには、少々大きくもなりました。

もちろん、iPadはiPhoneにはないアドバンテージがあり、できる仕事があります。たとえば商品説明をする場合は、9.7インチの画面サイズは必要不可欠。iPadの存在意義ななくなったのではなく、期待される仕事がより明確になったのです。iPadは、iPhoneとの組み合わせで人々を幸せにするガジェットではなく、これはこれで独立したアイデンティティを持っているのでしょう。

日用品としてのiPhoneと幸せになる組み合わせは、AppleWatchなのだと思います。AppleWatchは、iPhoneとの連係に依存します。iPhoneがなければ、時計ですらありません。(ちなみに参考まで書きますと、2015年4月20日現在、iPadとAppleWatchのペアリング自体ができません)。

iPhone、AppleWatch、そしてBluetooth

BluetoothのレシーバーLBT-PHP500AVBKとか

モノは然るべき組み合わせによって能力を発揮します。iPhoneとAppleWatch、そしてBluetoothのイヤフォンかレシーバーがあれば、より豊かな機能を引き出すでしょう。

高音質で音楽を楽しめるAACコーデックが使えるBluetoothのイヤフォン、もしくはBluetooth レシーバで、大きなiPhone6Plusを直接操作する機会は減るでしょう。

“いままでできなかったことが可能になるのか?”に注目する

ふだん使いの道具として存在感を増すAppleWatch

そもそも連係を前提に設計されているAppleWatchを組み合わせた方が幸せになれるかもしれません。「いままでできなかったことが可能になるものは、借金してでもすぐに買ったほうがいい」と言ったのは、倉園佳三氏でした。ここでも新鮮な響きをもって、噛みしめてみても良いのかもしれません。iPhoneの操作が減ることは、ライフスタイルが変わることを暗示させます。もちろん、発売前なので、まだそれは起こってはいないのですが。

AppleWatchは、iPhoneと結びつける違った新しい“点”

iPhone、iPodTouch、iPadのような“iOS”では、機能は競合します。iPodTouchやiPadでできることは、iPhoneで概ねできます。このたびは、独自のWatch OSを採用している点で、iPhoneと結びつける違った新しい“点”をAppleは提案したと言えます。新しい点と新しい点を結び、どのような新しい世界が描かれるのかは、実際に使ってみて実感できることです。

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介