【五反田 都々井ずし】ネタで季節を感じるちらし寿司

53ビュー

オフの昼間は、小躍りをしながら、五反田の寿司屋「都々井」で「チラシの特盛り」を頼む。この楽しみのためだけに、日々の仕事をがんばっていると言っても過言ではありません。

週に一度 のご褒美

五反田 都々井

電車を乗り継ぎ、小躍りをしながら五反田駅に到着。お昼のランチのために、「都々井ずし」に向かう。(看板の値段は2014年8月3日のもの)

少女たち

店の前には、少女たちがたくさんいました。ランチの約束なのでしょうか。おじさんは少女たちをかきわけて、緊張しながらお店の暖簾をくぐりました。握っている職人さんは、いつもしかめっ面で仕事をしている。会計係の爺さんは、機嫌よくお茶を運んでくる。これで良いのだと思う。客と店員は、不用意に仲良くならない方が良い。基本、我々は他人です。客と職人との間には、なれ合いは不用であり、食うか食わないかの闘い(笑)良い緊張関係が必要なのです。

IMG_2351.jpg

季節や時期によって、ネタの内容は微妙に違うことでしょう。寿司屋自体は、ネタを通して季節を感じさせる面白さがある。また、来週のオフの日には、楽しみに訪れようと思った。また、仕事を頑張らねば!

関連ランキング:寿司 | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

【あわせて読みたいオススメ記事】

ちらし寿司探検隊 アーカイブ | かくひとかくひと

PR