App Storeから消えた廃版アプリをiPhoneに復活さたい

17,467ビュー

倒産などで、アプリ提供元がApp Storeからいなくなってしまったら……。アプリを二度とダウンロードすることはできないでしょう。アプリの提供終了に備えていますか?

“「バックアップ」から復元” だけでは不十分

適切なバックアップをしていれば大丈夫

2014 05 08 23 20 30

App Storeから購入したアプリ、iTunes Storeから購入した楽曲は、実はパソコン内には保存されていません。それらはStoreから再ダウンロードされる仕組みなのです。

アプリを意識的に保存する

2014 05 08 23 10 10

アプリや楽曲自体を、意識的に保存する必要があります。サイドバー内のデバイスを右クリックし、「購入した項目を転送」を選択します。iPhoneやiPadと付き合うなかで、これはとても重要な作業です。

PC内に保存されたアプリの確認

購入した項目

「購入した項目を転送」で保存された、PC内のアプリをiTunesで確認できます。サイドバーの「APP」をクリックすると、確認ができます。

「購入した項目を転送」からiPhone・iPadに戻す方法

廃版アプリを復活させる方法

廃版になったアプリを、iPhoneへ、てっとり早く復活させるにはどうした良いのでしょう? 端末に戻したいアプリを、ドラッグアンドドロップします。

2014 05 08 23 01 24

サイドバーにある「デバイス」に、戻したいアプリをドラッグアンドドロップする。この方法は、手っ取り早く、カンタンです。同期がかかり、端末にアプリが活性化します。

「購入した項目を転送」とバックアップ

「購入した項目を転送」は、iCloudの仕様にはありません。iTunesの存在意義を高める、重要な作業です。アプリ提供元は、競争の激しい世界のなかでは、表れては消えます。せっかく出会った大切なアプリと、末永く付き合うために……。「購入した項目を転送」の作業に親しまれることをオススメします。

PR
木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介