iCloudに音楽データーを置くことが可能に!! 日本でも「iTunes Match」サービス提供開始

91ビュー

ITunes Match

iPhoneや音楽を楽しむアイデアが、また拡がりそう。著作権的な問題で、日本では完全なサービス提供が遅れていたiTunes in the Cloud。これまでは、iTunes Storeで購入した楽曲に限られていました。このたび、パソコンのなかにある音楽データーが利用可能に。

2年半を経て実用的になったiTunes in the Cloud

iTunes in the Cloudの概要

iTunes in the Cloudは、音楽が全てのデバイスに3G/Wi-Fi経由で自動ダウンロードできるサービスです。日本では、そもそもiTunes in the Cloudが完全に対応していませんでした。まずは、iTunes Storeで購入した楽曲に関して対応となったのが、2012年。そして、2014年春となりCDなどから読み込んだ楽曲も対応となったのです。iCloudに保存され、iOSデバイス、Mac、PC、Apple TVを使って、いつでもどこからでも音楽を楽しめる。無料で割り当てられている5Gのストレージなどとは、別の容量が用意されています。

iTunes in the Cloudの素朴な疑問

Appleテクニカルサポートに取材してみたところ、CDからなどからリッピングした曲を、アップデートできるのは25000曲。サーバーの容量自体は非公開だった。(アプリのように)楽曲のリストが情報としてアップデートされiTunesStoreから各デバイスへ再ダウンロードされる仕様ではないらしい。音楽ファイル自体が、アップデートされるとのこと。

ただ、Appleのプレスリリースを読むと、気になる仕様の説明が……。

256KbpsDRMフリーで楽しむ

所有している曲の音質が低い場合でも、曲がマッチした倍iTunesPlusの音質でダウンロードしてお楽しみいただけます。

これって、やっぱりiTunesStoreから各デバイスへ再ダウンロードされる仕様のような気がするんですけど……。

iOS7.1.1で、設定にiTunesMatch活性化

iTunesMatch

操作手順

Appleテクニカルサポートの説明では、手順は以下の通り。

  1. まずは「設定」>「iTunes&AppStore」>「iTunesMatchに登録」
  2. プリセットの「ミュージック」アプリ>「その他」>「共有」

望まれる人柱……

しかしながら、アップルテクニカルサポートとしても、情報の展開が少ないようだ。操作手順がホントにこれで良いのかは、筆者は良く分からない。ここは人柱となって、試すことが求められるのだろうか?年間登録料 3,980円を安いと思えるかどうかですね。ちなみに私のMac上のライブラリの曲には、10万以上の曲数が入っているのであった……。

木村邦彦

メディア関連で編集制作、ライターなどしています。(さらに詳しい自己紹介