踊りながら仕事もできる Bluetoothオーディオレシーバー LBT-AVAR120 そして iPod shuffle それぞれに使ってみた比較

299ビュー
IMG_1499.jpg

【写真】筆者/iPhone4Sによる「LGL21+iPhoneの付属イヤフォン“EarPods”+LBT-AVAR120BK」


Bluetoothオーディオレシーバーは、ライフスタイルに大きな変化をもたらすかもしれない。パソコンやタブレット、スマホなどの能力を、さらに引き出すだろう。映画を見る際に、または軽作業をしながら音楽を聴くときに大活躍。Logitec LBT-AVAR120のような安くて小さいBluetoothのオーディオレシーバーは、私自身が実際に使ってみて分かった、大変便利な道具だった。

■iTunesとの向き合い方が楽しく変化するiPod shuffle

Apple iPod shuffle 2GB シルバー MC584J/A

Apple iPod shuffle 2GBを購入した。容量は2GBなので、Tunesから音楽データーを転送する時間も短い。この小さい容量のため、iTunesにこじまりとしたプレイリストを作る必要がある。アーティストやジャンル……、思い思いのプレイリストを作成する作業によって、iTunesとの向き合い方も変わってくる。楽しく、新しい関係を作り出す。
すでにiPhoneなどのiOSデバイスがあれば、 iPod shuffleによってライフスタイルが劇的に変わることはないだろう。しかし、iTunesとのより良い関係をさぐる手がかりともなる。評価できるガジェットではある。

■タブレットやスマホの能力を引き出すBluetoothオーディオレシーバー

Logitec iPhone5/4S/4/3GS/3G4/4S/3GS/3G スマートフォン対応 Bluetooth 2.1+EDR オーディオレシーバ タフバッテリー AR120シリーズ ブラック LBT-AVAR120BK

Logitec LBT-AVAR120BKを選んだ理由は、評価と値段。およそ2000円程度の値段は、お試し価格だと思った。
スマホとヘッドフォンとを直接に繋いだ音質には劣るかもしれない。しかし、予想していたよりも、音質が良かったので、大変にびっくりした。iPadのようなタブレット、もしくはiPhoneのようなスマートフォンをすでにお持ちなら、iPod shuffleのような携帯型デジタル音楽プレイヤーよりもBluetoothオーディオレシーバーの方が、私たちの生活に貢献する予感がする。
私は、これらの小さなガジェットで何をしたかったのかと言えば、踊りながら絵を描きたかったのだった。