Grouperの魅力……The Man Who Died In His Boat に癒やされる

133ビュー

音のこだま

Grouperは、ポートランドを拠点に活動する女性アーティストLiz Harrisによるプロジェクト。

彼女たちの音楽は、ファズで歪んだようなエレクトリックギター、もしくは深い音のこだま(ディレイとリバーブ)で成り立っています。神秘的な女性の声が、聖歌隊のように響き渡る。古くて大きな家屋、建物の奥深いところから聞こえてくるかのよう。懐かしい気持ちさせられる魅力があります。

劣化するサウンドの魅力

Grouperの音楽は、カセットテープやアナログディレイを使って重ね録りされたかのようです。「劣化」する音には、温かみがある。BrianEnoの古典的な作品「Discreet Music」に近い魅力があります。

劣化なくコピーが当たり前であるデジタルの時代。劣化する音に、私たちは新しい魅力を再発見している時代にいる。

「癒やしの音楽」という言葉は「馬から落馬」

「癒やしの音楽」という言葉は「馬から落馬」のように、同じ言葉の繰り返しを感じる。音楽そのものが、癒やしなのだから。

歪んでない音とか、静かな音楽とか、長調の曲とか、ポジティブすぎる世界観とか、あまりにもスピリチュアルすぎる宇宙観とか……。必ずしも一般的に言われている「癒やしの音楽」が、個々人の癒やしに繋がらない。

Grouperはノイズ、アンビエントドローン、シューゲイザー……。さまざまなジャンルにまたがる。ノイジーで、クリアーなサウンドではないにも関わらず、静寂な世界へ誘う。