【アウトサイダー・アーティストのアートマネジメント】狂い咲くある画家の話

302ビュー
11124-eye-2
 

画家Zさんが如何様にして画家の暮しと称号をわがものとするに至ったか

東京近郊に住む画家Zさんは、魅力的な狂気を描く若手の画家です。若手といっても、私と同じアラフォー男子ですが。

正式な美術教育を受けていないZさんは、奇妙な画風をピカソに例えてセルフプロデュースするのが常でした。絵画コレクターたちにピカソのイメージを重ね合わせ、Zさんの絵も将来値上がりすることをにおわせるのです。たしかに、キュービズム時代のピカソに似ているといえば、そんな気もしてくる画風でした。

画才と商才もあいまって、いまでは画家業、絵画教室、ギャラリー経営といったアートビジネスだけで生活できるに至りました。

もっとも、彼はピカソとは違う珍しい人生を送っていました。ピカソは父の手ほどきによる英才教育で画才を鍛えられましたが、精神病院で絵を描き始めたという違いがあります。Zさんは超一流大学で司法試験に挑んでいました。しかし、挫折して精神を患い入院していたのです。彼の作品に美術的価値があるとすれば、アウトサイダー・アートのにおいがすることです。

精神病院内の森のような庭で、画家Zさんは「芸術家になりなさいと告げる神からの啓示」を聞いたそうです。「神からの啓示」のとおり、まずは音楽家を目指したのですが、楽器を弾けなかったので、次に絵を描くようになりました。こうして、彼の芸術家としての不思議なキャリアは始まりました。

珍妙な画風で、数々の公募展にあれよあれよと入選を果たした画家Zさんの絵を観ると、なるほど狂気を描くことにかけて抜き出た才能を感じさせます。充血した目で頭から木が生えていたり、ケーキの上に生首が置かれていたりといった具合です。海外でも奇妙な絵を描く画家として知られる存在になっていきました。

見方を変えると、「注ぐような愛」を描けないことは、画家Zさんの弱点でもありました。

芸術家がどのようなものを作れるのかは、本人の意思や努力とほとんど関係がありません。このことはアートを面白く鑑賞するためポイントです。

画家も描きあげた絵を前にして一人の鑑賞者に過ぎず、自分自身が描いた絵について、何も知りません。画家の仕事とは、まったくをもって、シャーマンのようなものと言えるでしょう。このことは、画家Zさんにも、さまざまな悲喜劇をもたらすことになります。

画家Zさんの身にふりかかりし不幸と災難の数々

画家Zさんがこれまで描いた狂気で、とりわけ印象的だと感じた作品をお話しましょう。彼の愛妻とご子息を描いた作品で、危険すぎる、面白い絵でした。

妻子ともに顔はのっぺらぼうで、不気味な恐ろしさを感じさせます。おまけに背景のマティエールは、汚れたシーツのように見えて臭そうでした。

【アウトサイダーアートのアートマネジメント】実在する画家Zの狂気を観察日記

のっぺらぼうの妻子の絵のイメージ

画家Zさんはこの作品について、「家族への愛と絆を描いた絵」と説明していました。しかし、明らかに違っているように思われました。

ベクシンスキーを持ち出すまでもありませんが、汚くて、臭そうな絵も魅力的で、芸術的な価値を持つことがあります。とはいえ、この絵を観た家族は驚き、戸惑い、傷ついたことは想像できます。Zさんの趣味は女の子をナンパすることだったので、この女癖の悪さも災いし、ほどなくして、Zさんは可愛らしい奥さんと別居する羽目になってしまいました。

彼のアートマネジメントは天才的で、ニューヨークや上海など世界中のオークションで自身や弟子たちの作品を売り出していました。そこで、絵画コレクターたちへZさんは「私は「キモカワ」を描く画家です」と自己紹介しています。しかしながら、私がこれまで彼の絵を鑑賞してきたところでは、「キモカワ」なんてレベルではなく、誰にも描けないような「気持ち悪い」ものばかりでした。誤解しないでほしいのは、私は彼の作品をまったく否定していません。むしろ、狂気と不幸、汚くて臭さそうなダークな世界観は、誰にも真似ができないものでした。

芸術家もサラリーマンも、職業としては大して変わりありません。サラリーマンは、見せかけの正常さで信用を得て商売をしているものですが、芸術家は抜けがたい狂気で信用を得て商売をしているものです。どちらも、真剣です。画家Zさんの狂っぷりはホンモノで、度を超しています。だから、アーティストとして注目する価値があるのです。私はZさんに注目しつづけて、はや10年を過ぎようとしていますが、彼のイキのいい狂いっぷりは衰えることを知りません。