【又吉直樹『火花』】「面白い漫才師」と「面白くない漫才師」の描写を書き分け

【又吉直樹『火花』】「面白い漫才師」と「面白くない漫才師」の描写を書き分け

いまごろと思われるかもしれませんが、又吉直樹の「火花」を、数ヶ月かけて読み終えました。こんなに面白い文学作品だったとは思いませんでした。いくつか、すごいと感銘を受けたことがあります。