【ラーメン タロー】二郎系で健康的に食べ過ぎない病気にならないイメトレ

二郎系「ラーメン タロー」(撮影・筆者)

二郎系「ラーメン タロー」(撮影・筆者)

「ニンニク、マシ」。

ニンニクをたっぷりのせた二郎系のラーメンを、無性に食べたくなります。健康マニアでジロタリアンの妻も「二郎系は健康的なヤサイ食」と言ってはばかりません。

ところが、二郎系のラーメンは一杯およそ1,600カロリーもあるそうです[1]。大人1日分の目安2,000カロリーに匹敵しますから、食べ過ぎで肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症になるリスクも生じます。トッピングには自制心も必要です。

私は「ニンニク、マシ」でないと満足できませんので、二郎系に行くのは連休初日に限られます。11月3日、三連休の初日は、夫婦で二郎系ラーメンに行く日に決めました。

二郎系の日は、一日一食にします。最適なトッピングもイメトレしました。

  • 麺少なめ
  • ヤサイ多め
  • ニンニク多め
  • 削り節もつける
  • チャーシュー(豚入り)の量は体調しだい
  • カラメとアブラ多めはもってのほか

イメトレを怠ると、欲望のおもむくままに「全部大盛り」を注文しかねません。全マシはもってのほかです。

訪れたのは五反田にある「ラーメン タロー」というお店で、ひいきにしています。職人は直系二郎有名店などで10年修行したそうです[2]

店内

「ヤサイ」、「ニンニク」、「カラメ」(しょうゆダレ追加)、「アブラ」(背脂の塊)を無料で倍増トッピングができます。削り節もオマケでつけられます。

「出来上がりです」の後に、無料・増量トッピングができる。

「出来上がりです」の後に、無料・増量トッピングができる。

「小ラーメン豚入り」(850円)はチャーシュー多め、「小ラーメン」(750円)はチャーシュー少なめです。チャーシューの量が違います。どちらを選ぶかは、迷うところです。日によって、チャーシューのできにアタリハズレもあります。

今回は「小ラーメン豚入り」を選びました。イメトレどおりにヤサイとニンニクをマシで、サービスの「削り節」もお願いしました。迷いなく、トッピングの「選択と集中」をはかります。

かくして、日々のイメトレはすばらしい食体験をもたらしました。

ラーメン タロー「小ラーメン豚入り」

この日、チャーシューは格別素晴らしいできでした。ほどけるように柔らかく、とろけるようです。感動しました。

ラーメン タロー「小ラーメン豚入り」のチャーシュー

ラーメン タローのチャーシュー

翌日、世間は休日です。心おきなく、ニンニクも堪能しました。麺はうどんのように太く、固めです。この日の食事はラーメンだけに留めました。胃ももたれず、体重に変化もありません。

太くて固めの麺

太くて固めの麺

休日の健康的な過ごし方として、まずまずの合格点。

反省もあります。よりストイックに挑むなら、チャーシュー少なめの「小ラーメン」でもよかった。スープも残すべきでした。気づかぬうちに、欲望は頭をもたげていたことに気づきます。

「ラーメン タロー」以外の二郎系も開拓してみたい。リサーチを始めています。食べる側にも、修行が必要なのです。

ラーメン タロー 五反田の陣

関連ランキング:ラーメン | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅


木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク