日経TESTで挑む!「1.3mm芯シャープペンシル」と「ホルダー型消しゴム」

ステッドラーのシャープペンシルとノック式消しゴム

ステッドラーのシャープペンシルとノック式消しゴム

2017年日経TEST全国一斉試験(11月)の受験票が届きました。私が指定された会場は、目白にある学習院大学です。憧れの名門伝統校。大学ウォッチャーの私としては、受験日が待ち遠しい。

2017年日経TEST全国一斉試験(11月)の受験票

2017年日経TEST全国一斉試験(11月)の受験票

日経TESTは経済知識を診断するテストです。マークシート式で100問の経済問題が出題されます。ライフワークとして、毎回受けることにしています。

筆記用具選びも大切です。前回6月のテストでは、筆記用具選びで失敗しました。新品の鉛筆と鉛筆削りを用意したのですが、とんだ不良品だったのです。会場の教室で鉛筆を削ろうとすると、軸の木材が粗悪でうまく削れません。芯もすぐにボロボロになります。日本の有名メーカーM社製なのに。テストの気合がなえてしまいました。試験が終わると、この鉛筆はすぐに捨てました。

前回の反省のもと、今回の受験は鉛筆でなく、太い芯のシャープペンシルで挑みます。ネットや購入者の評判などをもとに選んでみたのは、ステッドラー製の1.3mm芯のシャープペンシル「771-0BK250」。ステッドラーはドイツの筆記具や製図用品メーカーです。

Amazonのカスタマーレビューを読むと、マークシートには適切な太さがあることも分かりました。

1.3か2.0のシャーペンで迷いましたが、マークシートには1.3で正解でした。これ以上太いと文字が書きづらいと思います。

出典:Amazon | ステッドラー シャープペンシル 1.3mm ホワイト 771-0BK250 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品、(閲覧日:2017年11月2日)

この1.3mm芯のシャープペンシルを予備も併せて2本用意し、ついでに消しゴムも同社製で愛用しているペン型(ホルダー型)のノック式にしました。ペンケースはリヒトラボの「スマートフィット A7585-11」です。中に収まっているのは、以上の3本だけ。

シンプルな構えで、テストに集中したい。自己の経済知識を診断し、学習院のキャンパスも眺めて楽しむつもりです。

PR

スポンサーリンク