【携帯・iPhone・スマホ廃棄】他社の端末でも回収できる通信会社ショップ

お弁当のふたが開いたようなiPhone5!

お弁当のふたが開いたようなiPhone5!

スポンサーリンク

5年ほど使ったiPhone5が壊れた!

5年ほど使ったiPhone5が、とうとう壊れてしまいました。充電池が古くなって、膨張したのが原因です。その姿は、まるでふたの開いたお弁当箱みたいでした。晩年の任務は、もっぱらお家でApple Musicを再生することでしたけれど。

Appleサポートのコールセンターに相談し、修理の見積もりをいただきました。経年劣化による電池交換なので8800円。修理が必要な場合には3万8000円です。安くはありません。修理には出さず、廃棄することにしました。

取材したところ、iPhoneの廃棄で3つの無難な方法が分かりました。

1 Apple Storeへ直接持ち込む

Apple直営のApple Storeへ直接持ち込めます(修理拠点へは不可)。予約不要です。危険な損傷がありますと、断られることもあります。MacのPCリサイクルのように、運送会社が自宅まで取りに来てくれると便利なのですが。自宅まで来てくれるサービスは、あいにくありません。

2 通信会社のショップ

auショップ[1]、ドコモショップ[2]、ソフトバンクショップ[3]でも、不用になった携帯電話や電源アダプターを回収しています。他社と契約していた端末でも可能です(ワイモバイルは自社関連だけ[4])。

手軽さなら、通信会社のショップへ持ち込みでしょう。

「下取り」のルールとは違い、「iPhoneを探す」がオンでもiPhoneを回収してくれます。可能ならバックアップをとってからにしましょう。通信会社内の部署で粉砕したり、素材資源をリサイクルしたりします。

3 自治体

1と2で回収できないときに相談します。

iPhoneのほかにも、私には不用のAndroidスマホやガラケーがありました。auやウィルコムのものです。燃えないごみに忍ばせることは、情報の漏えいが心配です。近所のドコモショップへ、auやウィルコムの古い端末を処分するため、行くつもりです。


  1. お客さまセンター、都内auショップにて取材
  2. お客さまセンター、都内ドコモショップにて取材
  3. お客さまセンターにて取材
  4. 都内ワイモバイルショップにて取材
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク