おいしいマンゴーアイスどっち?セブンイレブンとローソン食べくらべ

シェアする

セブンイレブンとローソンで人気のマンゴーアイス

セブンイレブンとローソンで人気のマンゴーアイス

スポンサーリンク

アイスクリームの氷河期

日本のアイスクリーム業界は、1994年から2003年まで凍りついていました[1]。値下げ競争による品質低下、ヨーグルトなど「チルドデザート」の台頭などで、右肩下がりの「氷河期」だったのです。

その氷河期も2004年から雪どけとなり、現在まで回復が続いています[2]。きっかけのひとつは、いわゆる「コンビニアイス」ブームでした。コンビニ独自の商品として並べ、売上拡大につなげたのです。

今回は、その「コンビニアイス」を食べくらべてみました。ローソンとセブンイレブンのマンゴーアイスです。ストロベリー、グレープ、アップル、バナナ…。これらとくらべますと、マンゴーはわりと最近身近になったフルーツでしょう。清涼感のある甘酸っぱさがたまりません。

左は「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」。右は「ICE MONSTER マンゴーバー」。

左は「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」。右は「ICE MONSTER マンゴーバー」。

セブンイレブン「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」

同じフルーツ由来でも、味わいは異なります。まずは、セブンイレブンの「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」。23文字もある長い名前です。

本物のマンゴーのような食感が人気の商品で、価格は140円(税込)とリーズナブルな価格帯です。「ICE MONSTER マンゴーバー」が果汁・果肉65パーセントに対して、セブンイレブンのマンゴーバーは果汁25パーセント。でも、後者の方が本物のマンゴーに近い食感があります。

「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」はもっちり感あり

「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」はもっちり感あり

練り込まれたもっちりとした味わい。不自然さはまったく感じません。歯ざわりから喉ごしまで、一貫してソフトな口当たりでした。

ローソンで「ICE MONSTER マンゴーバー」

次に、ロケット形のアイスバーはローソンで売られている「ICE MONSTER マンゴーバー」です。

「ICE MONSTER マンゴーバー」の原料

「ICE MONSTER マンゴーバー」の原料

台湾で人気のかき氷専門店ICE MONSTER(アイスモンスター)とのコラボスイーツで、価格は195円(税込)とやや高め。製造者は「ガリガリ君」でも人気の赤城乳業です。

最初にカリッとした歯ざわりで、くどさのない感食が後から続きます。マンゴーの果肉も楽しめます。「薄いアイスキャンディーの膜(シェル)を作り、その中にかき氷(コア)を入れる」[3]手法のガリガリ君を思わせます。

「ICE MONSTER マンゴーバー」は二層構造の工夫が見えます

「ICE MONSTER マンゴーバー」は二層構造の工夫が見えます

どちらがおすすめ?

では、どちらがおすすめでしょうか? あたり前ですが、味はどちらもマンゴー。違いは歯ざわりです。

ソフトで濃厚な味わいには、セブンイレブンの「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」がおすすめ。あえて選べというなら、こちらを選びます。一方、妻は「ICE MONSTER マンゴーバー」を推しました。素直な味わいが好みでした。

好みの問題のレベルとしか言いようがありません。もはや、ビートルズ派かストーンズ派かのような違いです(そして、両者は実は仲がよかったりもします)。

これから夏本番。マンゴーアイスの食べ比べで、2017年夏の楽しみを見つけます。本物のマンゴーを食べたいときには、冷凍マンゴー。


木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク