【仙臺驛日本酒バル ぷらっと】日本酒初心者が宮城の地酒を飲みくらべ

シェアする

仙臺驛日本酒バル ぷらっと「純米酒3種セット」

仙臺驛日本酒バル ぷらっと「純米酒3種セット」

東京・仙台間は、高速バスを利用すれば、わりと気軽に行き来できます。フットワークを軽くして、東北へもっと訪れたい。このように思ったきっかけは、宮城の地酒でした。

仙臺驛日本酒バル ぷらっと」は、仙台在住の友人ごひいきの日本酒バーです。JR仙台駅の駅ナカ1階にあります。手ごろな料金で、宮城の地酒を飲みくらべできます。居酒屋のようなやかましさがなく、カフェ感覚の落ち着きがありました。読書をしている女性一人客もいらっしゃったくらいです。

「栗駒山 夏酒」

「栗駒山 夏酒」

日本酒初心者なので、どれを注文すればよいか分かりません。そこで、「純米酒3種セット」(税抜・980円[1])を頼んでみました。店員さんおすすめ純米酒を、ワイングラス(50ml)でいただきます。今回は「栗駒山 夏酒」「日高山 純米酒」「阿部勘 純米辛口」の3つでした。小鉢も2品ついています。おすすめのお酒だけあって、飲みやすく軽妙です。つい飲み過ぎてしまいそう。 

小鉢は薫製など

小鉢は薫製など

おぼつかない様子を見て、友人が教えてくれました。日本酒は、水を一緒に飲むのがコツなのだそうです。この水のことを「和らぎ水(やわらぎみず)」と呼び、悪酔いを防ぐ効果があります。

メニューにオムライスがあると、つい注文してしまいます。初期の村上春樹作品からの影響なんですが。とろけるような卵のオムライスも、日本酒の肴に意外とあうものです。

日本酒バーですが、オムライスも人気

日本酒バーですが、オムライスも人気

最後に「天上夢幻 にごり酒」をいただき、今回は「お愛想」にしました。主役はお酒で、1時間ほど話し込んだひとときでした。以上で1人3000円ぐらい。

「仙臺驛日本酒バル ぷらっと」で、地酒の味の違いが分かります。日本酒の楽しみを知ったので、近々また仙台に行ってみるつもりです。

仙臺驛日本酒バル ぷらっと
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介


  1. 価格は2017年7月16日当時のもの
スポンサーリンク