プリペイドカードの残高1万円だけで、どれくらい生活できる?

シェアする

こんにちは、サラスワティーです。前回は、「ポイントカードのポイントをこまめに使う3つの理由」を書きました。

Tポイント、楽天ポイント、auWalletプリペイドカード…。これらのポイントをこまめにつかっている理由。

今回は、現金を使わずにプリペイドカードの1万円だけで、どれくらい生活できるかを試したお話です。

スポンサーリンク

auウォレットに1万円の残高あり

auユーザーということもあり、auのプリペイドカードauウォレットカード)を使っています。

財布の中に小銭がありますと、こめまめにチャージをしています。おかげで、お財布がすっかりスリムになりました。ローソンでは、auウォレットWallet)プリペイドカードを1000円以上から1円単位でチャージができます。

ある日いつものように、ローソンへチャージに行きました。

レジで1000円札を出したつもりでした。なんと、間違って1万円札をチャージしていたのです。気が付いたのは、レジの「承認」ボタンを押した後でした。おっちょこちょいな自分にガッカリ…。何回かに分けてチャージしている分を、一度にチャージしたと思えばいいのでしょうけれど。

プリペイドカードにチャージしても、お金に利子は付きません。この1万円を使い切りたい。こうして、現金を使わない、買い物生活がしばらく続きました。

意外と使えるお店が多かった

auウォレットカードは、MasterCardマスターカード)でクレジット支払いできるお店で使えます。まわりの身近なお店でも、最近は使えるようになりました。

たとえば、仕事帰りにスーパーマーケットで生活用品や食材を時々買っています。ドラッグストアでは、マスク、使い捨てカイロを買いました。洗剤の匂いが苦手なので、長居しませんけれど。

買い物はほとんどのコンビニで可能です(チャージはローソンでしかできませんが)。「マクロビ派」というクッキーが好きで、仕事帰りによく食べます。よく行くコンビニで売っているので助かりました。

無印良品で練り香水、ユニクロでは部屋着を買いました。

現金を使わない生活の結論

auウォレットの1万円は、2週間で使い終わりました。使えるお店を見るとチェーン店ばかりですが、普段の生活には十分でした。生活は自宅と会社の往復が中心です。会社と自宅周辺のお店でauウォレットが使えたので重宝しました。もちろん、リアルなお店でなく、Amazonのように多くのECサイトでも使えます。

現金を使わなかったのは2週間でしたが、現金を使わなくても、意外と不自由なく暮らせました。

サラスワティー
井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。
スポンサーリンク