アロマディフューザー・アロモアを使いはじめて一年経過レポ(前編)

シェアする

こんにちは、サラスワティーです。アロマディフューザーを買い換えて1年ほど経過しました。前編と後編に分けて、香りのある生活をリポートしてみたいと思います。

我が家は、いつもいい香りに包まれています。アロマディフューザーのおかげです。仕事から疲れて帰宅しても、リフレッシュできます。よく使うオイルは、甘い香りよりも、さっぱりした香りです。香りがして、お部屋が片づいていれば、疲れも癒やされます。

アロマの道具には、迷うほどいろいろな種類があります。Drop式、ランプ式、ポット式超音波式などなど。とはいえ、どれでもよい訳でありません。生活スタイルや使う人の考え方によって、相性のよしあしがあります。たとえば、わが家では、ろうそくと火を使うタイプは選びません。リラックスして寝落ちしたら、火事の原因になりかねませんから。

エッセンシャルオイルディフューザー アロモア シルバー

生活の木の「アロモア」

電気式のアロマポット、無印良品の加湿器を兼ねた超音波式をへて、現在使っているのは生活の木の「アロモア」です。以前、この出合いを書きました。

一流ホテルで、緊張感が和らぎリラックスできる秘密は、香りだと思いました。

アロモアは、無印良品の超音波式と似ていますが、違います。その証拠に、説明書のどこにも「超音波」という言葉はありません。

アロマオイルエッセンシャルオイル)をモーターで振動させて、微粒子を拡散させるタイプです。加湿器のように水を使わず、アロマオイルをダイレクトに空気中に拡散させます。超音波式加湿器のように、水のなかに繁殖した雑菌を空気中にまき散らすリスクはありません。水自体を使ってないので。

超音波ではないものの、振動自体は使います。ときどき小さなモーター音が聞こえます。この音は気になるほどでありません。動かしたまま、お昼寝もした休日は数知れません。

かくして、いまでは香りのない生活は考えられないほど。快適な一年です。では次回は、最近愛用しているオイルをご紹介したいと思います。

サラスワティー
井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。
スポンサーリンク