はじめて日経TESTを受けてみた!受験体験レポ

シェアする

日経TEST受験会場の拓殖大学

日経TEST受験会場の拓殖大学

「500兆円」をモノサシにすると、「日本の国の借金1000兆円」はGDPの2倍、「日本の個人金融資産1700兆円」は3倍強、といった具合に頭に入りやすくなります[1]

そうか、500兆円をモノサシとして考えるのが、経済のボリュームをつかむコツなのか……。これは「日経TEST 公式テキスト&問題集」のなかの一文です。ね、ためになるでしょう!?

日経TEST公式テキスト&問題集 2017-18年版

ニュースを関連づけて深読みできると、世の中の見え方も変わる。そこで、手がかりとして日経TESTを個人受験してみた。ビジネスパーソンじゃないけれど。

ビジネスパーソンや学生の経済知力(ビジネス知力)を測定する「日経TEST」のサイト。知識だけでなく考える力を測ります。全国一斉試験を春と秋の年2回実施。PC受験や企業研修、研修ドリルも提供

日経TESTでは、自分自身の教養を試せます。出題範囲は幅広い。経済・ビジネスの基礎、金融・証券、産業動向、企業経営、消費・流通、法務・社会、国際経済など。

「公式テキスト&問題集」をひととおり読むと、池上彰さんの著作のように、基礎学力を得られると感じました。受験対策として、日経新聞も毎日欠かさず読みます。

テストを意識して新聞を手に取る、読み方はやはり変わる。どの話題が、試験問題として狙われるのだろう? 第三者の視線を意識して読むようになります。

このように受験の数か月前はワクワクしていました。ところが、目前に迫るとやはり憂うつになってきまます。結果のスコアは、単におバカさを証明するだけでは? しかし、受験料の5,400円は支払済み。意気地なしで試験放棄は、お金がもったいない。覚悟を決め、受験会場に向かいました。

やはり大学は赤レンガづくりでなくちゃ、と思わせる

やはり大学は赤レンガづくりでなくちゃ、と思わせる

6月11日の日曜日は、梅雨の曇り空。受験会場は東京都内の茗荷谷(みょうがたに)にある拓殖大学の教室です。キャンパスでは、歴史的建造物の本館も見どころです。いかにも大学らしい、赤レンガのシンボルでした。

長い行列に、一瞬たじろぐ

入口には、ながい長い行列ができています。教室にたどり着くと、サラリーマン、主婦、学生といったさまざまな層の人たちがすでに着席していました。腰下ろした隣の席には、シニア世代の男性。かたわらには、付せんがたくさん貼られた「公式テキスト&問題集」が見えます。受かる・落ちるの試験ではないものの、この「ライバル」たちに負けたくないという気持ちも生まれてきます。

試験時間は80分。四肢択一の選択式で、解答はマークシートに記入します。

実際に試験を解いてみますと、思いのほか楽しくなってきました。クイズを解いているようで、試験前の憂うつな気持ちは晴れていました。GDPに関するような基礎問題、IoT、フィンテック、国際情勢、景気に関する時事問題……。新聞をふだんから読んでいれば、解ける問題も多いです。

残り5分で、10問ぐらい残ってしまいました。 80分間は、私にとって少々足りなかったようです。新聞の読み込みの足りなさ。基礎学力を補強する必要を感じました。

このテストを楽しむコツは、ゲームとしてとらえることだと思います。受かる・落ちるの試験ではありませんもの。11月も受けてみようと思い、ふたたび新聞を手に取るのでした。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。日経テストの受験勉強も楽しい。AdobeとApple製品が大好きで、Photoshopは得意。AfterEffectの勉強中。(さらに詳しい自己紹介


  1. 日経TEST公式練習問題集2016-17年版 1.Kindle の位置No.602-603
スポンサーリンク