【エコバッグのこだわり】大きすぎず、重くない

シェアする

こんにちは、サラスワティーです。理想のエコバッグと出合うのは難しい。

ときどき、買い物のサービスでもらうこともあります。しかしせっかく頂いても、大きすぎたり重かったりと、使いづらいことも多いものです。やはり、サイズはメインのバッグに入るくらいが使いやすいと思います。

たとえば、レジ袋有料のお店で買い物をしたときはもちろん。荷物が急に増えたときは、補助バッグとしても使いたい。シンブルなデザインで、仕事用のサブバッグとしても持ち替えできるほうが重宝します。

このような条件に合う、便利なバッグを見つけました。ヤマト屋というブランドの「キキ2 平角袋」(ききつー ひらかくぶくろ)という日本製です。平角袋という漢字だけの商品名ですが、エコバッグとしても問題なく使えました。2千円程度です。

楽天などのECサイトでは、販売アイテムが限られています。したがって、今回の平角袋は公式ホームページから購入しました。

「【公式】ヤマト屋 バッグの老舗」で取り扱う商品「キキ2 平角袋」の紹介・購入ページ。軽量バッグの老舗ヤマト屋 直営オンラインショップ/RaviRavi 軽量・多機能のバッグ・ポシェット・ショルダー・リュック・小物など、お客様のお声で生まれた商品ばかり。お客様のお声をカタチに

では、特長をリポートしてみます。 

まず、大きさ。サイトで「A4のファイルがすっぽり入るサイズ感」と書いてあるとおり、余裕で入ります。出先でこのサイズの書類を受け取っても、折らずに入るので実用的です。張りがある生地なので、折りたたんでバッグに入れても丸まったりせず、きちんと収まります。

そして、実に軽い。このブランドは、軽さが特長の一つだと実感します。

上に留め具がなくてシンプルです。外出先で荷物が増えても、このバッグを持っていたら安心でしょう。

ポリカーボネイトコーティングをしているので、水をはじきます。汚れても丸洗いできるので、きれい好きな私は満足です。もっとも、まだ洗ったことはありませんが。

平角袋はマチがないので、厚みがあるものは入れにくさを感じることもあります。気になるようでしたら、マチがあるバッグの購入も考えてみたいと思います。

キキ2 新ツマミマチ手提

「【公式】ヤマト屋 バッグの老舗」で取り扱う商品「キキ2 新ツマミマチ手提」の紹介・購入ページ。軽量バッグの老舗ヤマト屋 直営オンラインショップ/RaviRavi 軽量・多機能のバッグ・ポシェット・ショルダー・リュック・小物など、お客様のお声で生まれた商品ばかり。お客様のお声をカタチに

毎月8が付く日は「キキ2の日」だそうです。8が付く日に注文するとポーチがプレゼントでついてきます。今回も8が付く日に注文しました。プレゼントは貝のような形のポーチでした。

どれくらいの大きさかわかりやすいように、平角袋と並べてみましょう。

このポーチは洗えない素材です。汚れやすいものは入れないほうが、使いやすいと思います。何に使うか楽しみです。

私はこのヤマト屋のブランドが好きで、前回は財布を買った記事を書きました。よかったら、参考にしてみてください。

ヤマト屋のことは以前から気になっていました。どうしてヤマト屋のバッグを持っている人が多いのでしょうか?

雨にも負けず風にも負けず、そんなエコバッグのように私はなりたいにゃん。

井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。
スポンサーリンク