【DictJuggler】複数のサイトを串刺し検索、Macの便利アプリが公開中止に

シェアする

DictJugglerはMac用の串刺し検索アプリ

スポンサーリンク

DictJugglerとは

翻訳家作家ライターブロガー編集者会社の広報担当…。文章に携わる人は、辞書の使いこなしに思いめぐらすものでしょう。私にも愛用するツールがあります。DictJugglerというMac用の検索アプリです。

DictJugglerの動きを撮影してみた

このDictJugglerの働きぶりは驚異的。どれほどすごいかを、撮影してみました。辞書系検索サイトや辞書アプリを、串刺し検索しているところです。

見えているのは、DictJugglerに私が登録した辞典サイトです。

画面左側は類語辞典サイト。左上は故事ことわざ辞典サイト(Googlのサイト内検索を併用)。左下はMacの内蔵辞書アプリ。これらを、一度に検索をかけることができます。モニターの都合上、4つのウィンドウを出していますが、これ以上出すこともできます。

この動画はDictJugglerの機能の一部を撮したものであって、これがすべてでありません。このMac用アプリは気配りが行き届いた作りになっています。

DictJugglerが公開中止になった理由

DictJugglerは、調べ物でとても役立つアプリです。ところが、この神アプリがいつのまにかMacAppStoreから消えていました。そこで、開発者のmusha様に、ブログ上でその理由をご質問してみました。すると、「新OSの対応等に人手をさくのが難しくなってしまった」というご回答をいただきました[1]

愛用者としては残念なかぎりです。とはいえ、使えなくなった機能も一部あるようですが、いまも十分に実用です。MacAppStoreをくまなく探してみましたが、やはりDictJuggler以上の便利アプリは見つかりません。

時期未定ながら、Windows版を含めた新しい形で公開の可能性も

このままでは、いつか使えなくなる日を覚悟しなくてはなりません。OSのバージョンアップは、川辺に寄せる波のように、回を重ねますもの。

開発者のmusha様は希望の言葉も聞かせてくれました。時期未定ながら、Windows版を含めた新バージョン公開のアイデアも温めているそうです。ここに望みをかけてみたいと思います。

なお、辞書サイトとしてDictJuggler.net(日本語名「辞遊人」)もあり、こちらは現在もサービスは継続して利用できます。

ああ、パソコン世界は無常です。アプリも生滅流転。執着を捨て、しなやかに生きるために、プログラミングの習得をしてみようか。だって、自分好みの検索処理を実現できたら最高ですもの。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介


スポンサーリンク