【The Rolling Stones】最悪なギターソロ入選曲を聴く

シェアする

若き日のミック・ジャガーの想像図(イラスト:筆者)

名門バンドが黄金期に奏でた「最悪なギターソロ」とは、どんな曲だったのでしょう?

音楽系キュレーションメディアamass[1]は、Web読者投票「ワースト・ギター・ソロ TOP18」[2](2017年4月29日)の結果、ザ・ローリング・ストーンズ(以下、ストーンズ)の不名誉なランキング入りを伝えています。

ロック界の天然記念物ストーンズは、ザ・ビートルズの唯一無二のライバルで、21世紀になった今でも転がり続ける生きた化石です。1962年の結成以来、解散したことは一度もありません。ボーカルのミック・ジャガーは昨年72歳にして8人目の子を授かり、飛び出すエネルギーは、公私ともにまだまだ現役です。

読者が最悪なギターソロとして選んだのは「Ain’t Too Proud to Beg」という曲です。話題のバージョンが世に出たのは1974年10月25日で、ストーンズの黄金期にあたります(もちろん、なにをもって黄金期とするかは、諸説ありましょうが)。この時期には、流麗なギターソロを聴かせる名手ミック・テイラーも在籍していました。それなのに、どうして?

たしかに、印象が薄いソロギターです(1分40秒頃)。その理由を、PVを見て理解しました。このソロを弾いているのは、画面左側に立つ長い金髪のミック・テイラーではありません。ドラッグに溺れたキース・リチャーズだったからです。ギターのケーブル(シールド)に足をからませて、いまにも卒倒しそうです。

この演奏に限りませんが、ストーンズ在籍時(1969〜74年)のミック・テイラーは楽しそうに見えません。そして「キースのドラッグが原因でメンバーがバラバラな状態だった」[3]という理由で、2ヶ月後の1974年12月に脱退してしまいます。

「Ain’t Too Proud to Beg」でソロを弾かないミック・テイラーの姿は、心ここにあらずに見えます。存在感がありません。そして、彼がいなくなった、今日のストーンズ・サウンドを前もって伝えていたように感じました。

ストーンズの黄金期はいつか? この議論は、とても楽しいテーマです。私にとっては、ミック・テイラー在籍時の1969〜74年です。だから「Ain’t Too Proud to Beg」のいまひとつ物足りない演奏は、黄金期の終わりを告げるレクイエムに聴こえてきます。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。日経テストの受験勉強も楽しい。AdobeとApple製品が大好きで、Photoshopは得意。AfterEffectの勉強中。(さらに詳しい自己紹介


スポンサーリンク