Omni Outliner v4からv.5Proへ無料アップデートの条件

シェアする

追記あり:OmniOutliner 2 for iOSでも、無料アップデートの適用条件が分かりました→追記箇所。(2017年3月14日)

スポンサーリンク

Omni Outliner、バージョン5で値下げ

骨子のしっかりとした文章作づくりをしたい!そんなとき、アウトラインプロセッサが役立ちます。Omni Outlinerもそのひとつで、MacやiOSで使えます。

Mac版のOmniOutlinerStandardエディション

値段はやや高めです(MacAppStoreでStandard版が6,000円、Pro版が11,800円)。ところが、次回のアップデートで、各版を値下げします。Essential版も9.99米ドルで、新しくラインナップに加わります。為替の影響を受けますが、日本円で1000円台。Pro版も99.99米ドルから59.99米ドルに値下げします。

バージョン5Pro版へ無料アップデートの条件

THE OMNI BLOG[1]によると、2016年10月16日以降に購入したOmni Outliner4なら、自動的に無料で最新Pro版へアップデートします。

MacAppStoreでの購入も無料アップデートなのでしょうか? 購入したStoreの違いや、Standard版Pro版といったエディションの区別はないそうです。(2017年3月9日現在)。The Omni Groupに直接確認してみました。

対象のバージョン4を持っていれば、10米ドルお得に、バージョン5Pro版を入手できることになりますね。

バージョン5は、テスト版がリリース中

バージョン5は、テスト版を入手できます。下記の公式サイトから無料ダウンロードできます。実はこの記事も、バージョン5テスト版を使って書きました。

Cloud OutlinerやTreeから、Omni Outlinerへ乗換えを決意

リーズナブルだから。この理由で、私はCloud Outliner 2 ProTree 2を使っていました。ところが、バージョン5のテスト版を使ってみると、あら便利!ストレスの少ない操作感に感動しました。Wordへのアウトライン出力も容易です。

メインのアウトラインプロセッサにしたい。とうとう、Omni Outlinerへ乗り換えることにしました。

※当記事は2017年3月9日現在の情報を取材してまとめたものです。

追記:OmniOutliner 2 for iOSでも、ver.3へ無料アップデートを用意

OmniOutliner 2でも、条件を満たすユーザーは、無料アップデートできます。CEOのKen CASE氏は、Omni Groupの公式ブログで「2017年1月24日から、バージョン3のリリースまでの間に購入したユーザーが対象」と説明しています[2]


木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク