無料のバーチャル株式投資ゲームの「トレダビ」をやってみた。
無料のバーチャル株式投資ゲームの「トレダビ」をやってみた。

バーチャルな株投資ゲームをする理由

ジャーナリストの池上彰さんは、株式投資に参加することは「経済活動に参加すること」と言っています。

日本では株というと、儲ける手段というイメージが先行していますが、実はそれだけではありません。株を買うことは、その会社を応援すること、ひいてはひいては経済活動に参加することでもあります。

出典: 最新版 (図解)池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫) | 池上 彰 |本 | 通販 | Amazon

私は、職務上の理由から株取引ができません。しかし、経済の動きと実生活がダイレクトに結びつかないと、例えば日経平均が上がったとか下がったと言われても、いまいちピンときません。

トレダビとは?

トレダビはパソコンのブラウザか、スマホアプリで無料で楽しめます(一部のオプション機能は有料[1])。 このゲームには4つの特徴があります。

  1. リアルなデータを利用、実戦さながらの体験ができる
  2. 実際の取引ルールの適用で、予行演習に最適
  3. 仮想取引の上位入賞者には、豪華賞品がもらえる
  4. ノーリスクで誰でも気軽に参加できる

実際の取引ではないので、負けても資産の致命傷は生じません。予行演習として最適です。

実際の値動きの20分後に、株価が反映します。銘柄探し、注文から約定まで、とてもリアルです。他参加者と競い合うランキングもあって、ゲームとしても楽しい。

大人としてのお金の教養が身につく

主観にまかせて、やりたい放題やっていたら儲けられない
主観にまかせて、やりたい放題やっていたら儲けられない

1000万円の資金からスタートです。

私はメディア業界に興味があるので、以前から買ってみたかった新興市場のGunosy株と、東証一部のDeNA株を購入してみました。デイトレーダーのように素早く売り買いを繰り返したり、逆張り、ナンピン(難平)買いなど、リスクオンで、やりたい放題やってみました。

結果は、負けばかり。トレダビでは税金は加味されないので、実際の含み損はもっと大きい。かくして、損切り、中長期的な保有、分散投資、トレンドの流れに乗ることの大切さを実感できました。それなりの勉強も教養も必要で、株式投資は主観にまかせた取引だけでは勝てないようです。

足立 武志「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 」

私の経済や金融に関する勉強は、このトレダビで勝つことに注がれています。最近読んで良かったのは、足立 武志 さんの「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 」です。文学部出身の私でも、すぅっと頭に入ってきた本でした。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

会社四季報のチェックポイント、基本的な株式指標、どん底からの「復活株」、業績好調の「成長株」、忘れられたヒーロー「割安株」の探し方、粉飾決算の見抜き方などを、分かりやすく解説しています。投資に関する知識がまったくない方にオススメだと思います。

私も現在、読み返すこと三回目。トレダビで勝ってみたい。


  1. ◆ プレミアムサービス(オプション)とは?
    1.取引情報の詳細分析がみられる「取引分析」 
    2.トップユーザの保有銘柄や注文履歴が覗き見できる「注文分析」
    3.広告非表示機能

    ◆ プレミアムサービスの仕組み
    【プレミアムサービスの価格と期間】 1,080円(税込・加入は任意) 1か月間(申込日から起算) 月額自動更新。

    出典:株取引シミュレーションゲーム-トレダビを App Store で、閲覧日:2017年1月6日


木村邦彦

法政大学文学部哲学科卒業。書籍編集、業界紙記者を経て編集、ライターなどをしています。(さらに詳しい自己紹介