健康診断の採便用シートの使い方、ホントにこれでいいのか?

シェアする

はたして、ホントにこれで良いのか?

はたして、ホントにこれで良いのか?

スポンサーリンク

採便用シート、出会いと戸惑い

年に一度の健康診断がやってきました。私は、年末に毎年、健康診断を受けています。今年は、見慣れない紙を渡されました。検便のための「らくとりシ〜ト」という名の採便用シートです。

書かれた使用方法によれば、水洗トイレ内に敷いて使うとあります。

使用後は、そのまま流せます。

「使用後はそのまま流せるので簡単で清潔♪」と自信満々にト音記号は説明するが。

「使用後はそのまま流せるので簡単で清潔♪」と自信満々にト音記号は説明するが。

しかし、この指示とおりに使うと、いくつかの問題に気づきます。

立ち上がると水が流れるタイプのトイレには使えない

立ち上がると流れるような、多機能のトイレでは使えない可能性がある。

立ち上がると流れるような、多機能のトイレでは使えない可能性があります。

立ち上がると水が流れる、自動洗浄タイプのトイレでは使えません。立ち上がった瞬間に、せっかくのウンちゃんがシート共々流れてしまうからです。

行かないで!

せっかくのウンちゃんが!行かないで!

シートが柔らかすぎて、使いこなしが難しい

我が家のトイレは、用を足し終わったら、水が流れるタイプではありません。よくある洋式トイレにもかかわららず、シートが柔らかすぎて上手に使えませんでした…。紙の上に命中できなかったり、紙が傾斜をずり落ちたり、シートが破けたり…といった具合です。

いま思えば、いつも座っている方向と、逆に座れば上手にコントロールできたと思います。

これだとうまく採便できそう。

これだとうまく採便できそう。

もっとも、私の場合、今回は間に合いませんでしたが。この用紙は大切に残しておいて、夫の健康診断のときに私のアイデアとこの検便用シートを使ってもらおうと思います。

サラスワティー
井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。
スポンサーリンク