感動の「ウナギのような豆腐の蒲焼き」を注文して家でも食べてみた

シェアする

前回は、菜食レストラン「菜食健美」でウナギのような「豆腐の蒲焼」と出会った感動を書きました。

そっそく、楽天で菜食健美の豆腐の蒲焼きを注文してみました。カチコチの冷凍で届きます。6枚ぴったりくっついています。

包丁やハサミなどで簡単に外せますが、ちょっと力が要ります。外すときは気を付けてください。

クッキングシートの上に置いて弱火で温めます。油は不要です。

強火だと焦げてしまうので弱火で5分くらい温めます。楊枝などで刺して火が通っているのを確かめます。途中で蒲焼のタレをかけます。

ひっくり返して味を絡めます。タレをかけると焦げやすくなるので、すぐにひっくり返します。柔らかいので、鍋から取り出すときに、崩れないように注意する必要があります。

私はクッキングシートを持ち上げ、丼の上に滑らせるように乗せたり、箸で持ち上げました。

湯葉がまるでウナギのような食感で、ウナギのタレとも良くあいます。本物のウナギと違うのは、油っぽくないところ。さっぱりした味わいで、もっと食べたくなります。

近々、東京の大久保にある「菜食健美レストラン」に足を運び、蒲焼定食も食べてくるつもりです。またレポートしますね!

PR
サラスワティー
井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。
スポンサーリンク