「お使いのApple IDがロッ」のスパムメールに、ゾッとする本音があった

シェアする


「お使いのApple IDがロッ」と、タイトルが唐突に終わるスパムメール

「お使いのApple IDがロッ」と、タイトルが唐突に終わるスパムメール

「お使いのApple IDがロッ」と、唐突に終わるタイトル。このスパムメールが、最近ひんぱんに届きます。スパマーは「ロックされました」と書きたかったのでしょうか。アンポンタンなスパムを、暇つぶしに細かく読んでみることにしました。

スポンサーリンク

1. 書かれていない宛名

スパマーは次のように呼びかけます。

こんにちは クライアント

スパマーが呼びかけているクライアントとは、私のことなのでしょうか? 宛名が明瞭ではないメールは、スパムと思われても仕方がありません。

2. 私たちはあなたの正しい個人情報を知っている

私たちはあなたのApple ID情報の一部が欠落しているか、誤っていることをお知らせしたいと思います。

Apple IDに登録しているのは「電話番号」「住所」「生年月日」「秘密の質問」「復旧用メールアドレス」などです。これらのいずれかが誤っていたり、欠落していることを、どうして知っているのでしょう? 薄気味いですよね。

なお、Apple IDの情報は「Apple IDの管理」というサイトにアクセスすれば、ユーザー自身で編集できます。

パスワードが分からない場合は、iForgetメールを使ってリセットもきます。もし、これらの操作に自信がなくても、Appleサポートに電話で相談すれば、丁寧にお手伝いしてくれるでしょう。

つまり、Apple IDに関する主な相談手段は電話なのです[1]メールで行うことはありません

このように、突っ込みを入れながら読み進めていると、ゾッとする一文があらわれました。

3. 私たちはあなたのアカウントを引き続き使用したい

スパマーは続けます。

私たちはあなたのアカウントを引き続き使用するためにあなたのApple IDの情報を確認する必要があります。下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。 

読みやすく句読点をいれると、ますます背筋が凍ってきます。

「私たちは、あなたのアカウントを引き続き使用するために、あなたのApple IDの情報を確認する必要があります」。スパマーの露骨な本音が漏れた一文です。ひき続き、読んでみることにしましょう。

私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合、アカウントがロックされます。

Apple IDでロックがかかるケースとしては、第三者が不正利用した場合、パスワード[2]秘密の質問[3]を連続で間違えた場合などが考えられます。

Apple IDをロックされないために、Apple(正しくはiTunes Store)へメールで連絡することは通常ありません。もし仮に、連絡する必要があるとすれば、すでにロックされたアカウントの問題を解決するためです。

スパマーは、次の署名でメールを終えます。

Apple チーム

ここまで読み解いてゆくと、明らかにAppleではありません。みなさん、こんなオタンコナスなメールに騙されないよう気をつけましょう。

4. このスパムメールの対策方法

稚拙な文面なので、一見してスパムだと分かります。しかし、少々気になることがあります。Apple IDに登録したメールアドレスに、このスパムメールが届いたことです。大切な個人情報が漏洩している可能性も否定できません。

そこで、安全対策のために、Apple IDの「秘密の質問」とパスワードのリセットをしておくことにしました。これらは先ほど触れた「Apple IDの管理」でも行えます。Appleサポートに電話をすれば、アドバイザーさんも一緒に手助けをしてくれることでしょう。ストレスなくリセットできるので、こちらもおすすめです。

受付時間:曜日を問わず、9:00から21:00まで
電話番号:0120-277-535

参考にした主な資料、関連ページ

PR


  1. 時期によって相談方法は多少異なります。
  2. パスワードを連続して間違えた場合は、iForgotでパスワードをリセットすれば、ロックは解除されます。
  3. 秘密の質問を連続で間違えた場合は、8時間後にロックが解除されます。
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク