【Mac】Dashboard ウィジェット の過疎っぷりがハンパない件

シェアする

Macユーザーもウィジェット機能の存在は忘れがち?

Macユーザーもウィジェット機能の存在は忘れがち?

ウィジェットwidget)とは、ホーム画面上に常駐させる小型アプリのことです。計算機や、天気、時計、ニュース、バッテリーの残量などの情報を表示してくれます。

Androidスマホのユーザーには、比較的に馴染み深い機能でしょう。iPhoneにはありませんが、Macにも存在します。Dashboard ウィジェットと言います。

2015年に

見た目は可愛いMacのウィジェットたち。

とはいえ、Mac歴20年になる私も、Dashboard ウィジェットを便利に感じた経験はあまりありません。というのも、メニューバーがウィジェットに代わる役割を果たしているからです。

Macのメニューバーが、すでにウィジェットの役割を果たしている。

Macのメニューバーが、すでにウィジェットの役割を果たしている。

メニューバーからアプリを素早く立ち上げたり、アプリによっては常駐表示もできます。

一方、Dashboard ウィジェットは、専用のデスクトップ画面(Dashboard)でしか表示しないのも不便です(ターミナルを使えばカスタマイズはできます[1]
)。なにかと気配りが行き届いておらず、使って幸せになれる予感がしてきません。

すっかり存在自体を忘れていたMacのウィジェット機能だったのですが、なにか嬉しい進化はないものでしょうか。そこで、ひさしぶりにAppleの専用ページ「Dashboard ウィジェット」へアクセスしてみたのです。

2016年10月12日の今日現在、ダウンロードできるウィジェットは89個しかありませんでした。ちなみに、iTunse AppStoreに登録されたアプリ数が150万超(2015年)だったので[2]、数としては相当の差があります。

「ニュース」のウィジェットは三つしかなく、しかも最新の公開日は「2009/10/15」です。

ニュースの分野で、ダウンロードできるのは三つだけ。

ニュースの分野で、ダウンロードできるのは三つだけ。

Yahoo!の「見だしニュース」ウィジェットをインストールしてみました。なんと利用できません。

Yahoo!が使えなくなっている…。

Yahoo!が使えなくなっている…。

J-WAVE関連のウィジェットに至っては、ダウンロードすらできません。

アナウンスはないが、ウィジェットの提供が終わっているらしい。

アナウンスはないが、ウィジェットの提供が終わっているらしい。

存在意義を感じさせず、過疎化しています。はたして、今後どうなってゆくのでしょう。ウィジェットはくじらの手足のように消えて、MacOSは進化してゆく予感がします。生暖かく、見守ってゆきたいと思います。

PR


木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク