狭いスペースのベランダで干し野菜を作る

シェアする

狭いスペースのベランダで干し野菜を作る工夫

狭いスペースのベランダで干し野菜を作る工夫

「洗濯物か、干し野菜か、それが問題だ。」

座して半畳、寝て一畳。

座して半畳、寝て一畳。

大きめの野菜干しカゴ(尾上製作所(ONOE) 干しかご 45 ON-5804 )を愛用しているので、狭いベランダでは、ハムレットのように悩んでしまいます。

そこで、物干しロープ用のフックを有効活用できないか考えました。

背後に解決の糸口が。

背後に解決の糸口が。

周囲を計ります。フックの内径は、2センチぐらい。

物干しロープは使っていないので、少々すす汚れています。

物干しロープは使っていないので、少々すす汚れています。

ホームセンターで「どこでもフック」というものを見つけた。

どこでもフック

どこでもフック

我が家のフックにひっかけたら、ぴったりでした。

物干しスペースの拡張機能として利用できそう。

物干しスペースの拡張機能として利用できそう。

洗濯物と野菜干しは、狭いスペースでも共存できそうです。本来は洗濯用のひっかけるフックですが、アイデア次第でさまざまな活用法が生まれそうです。

PR
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク