「EPSON Scan」がウンコな件、GT-f740【Macでフラットベッドスキャナの自炊】 #1

シェアする

作業部屋にてスキャナ関係の周辺機器

作業部屋にてスキャナ関係の周辺機器

昨日は、ブログの更新ができませんでした。新しいスキャナGT-f740の設定がメチャクチャ大変だったからです。

これまでスキャナは、エプソン複合機EP-803AWを愛用していました。数年前に、新しもの好きのSEである義父からプレゼントされた愛機です。

ただ最近は、使い込むうち、少々不都合も感じました。

スポンサーリンク

GT-f740が優れている面

EP-803AWに不都合を感じるのは、大切な書籍を自炊するときです。

採用されているセンサーは被写界深度が浅いCISなので、書籍をスキャンすると綴じ代がピンぼけになります。そのために、本をギュッと押さえつけなければならず、大切な本を傷めてしまう可能性があります。

43726_01

EP-803AWでスキャンした場合は、綴じ代がピンぼけになる。

いっぽう、GT-f740被写体深度が深いCCDセンサーを採用しているので、深い部分までピントがあいます。綴じ代の部分もぼけません。

GT-f740でスキャンした場合は、全体にピントがあっている。綴じ代もぼけない。

GT-f740でスキャンした場合は、全体にピントがあっている。綴じ代もぼけない。

したがって、大切な本を痛めないためには、被写体深度の深いCCDセンサーを採用したスキャナが必要になります。この点において、GT-f740は、期待どおりのスキャンをしてくれました。

「EPSON Scan」が驚くほどウンコでがっかり

ところが、GT-f740に付属するアプリが、EPSON Scanを筆頭に、驚くほど使いものになりません。一言でいえば、「間抜け」です。設計者は、アホだと思いました。以下、EPSON Scanに焦点をあてて、ウンコっぷりを書いてみます。

下の写真は、GT-f740についているボタンです。左下のPDFのボタンを押すとPC上でEPSON Scanが起動します。右下の電源ボタンはスキャンの開始ボタンもかねています。快適そうですが、実はそうでもありません。

いっけん便利そうだけど、ないものと考えた方がよさそうな4つのボタン

いっけん便利そうだけど、ないものと考えた方がよい悲しい4つのボタン。

スキャンの設定や操作は、エプソンさんのスキャナードライバー「EPSON Scan」で行えます。

エプソンさんスキャナードライバー「Epson Scan」

GT-f740で「PDF」のボタンを押すと「EPSON Scan」が起動する。

この「EPSON Scan」で保存方法の設定を「全ページを1ファイルにまとめる」に設定していても、1ファイルにまとまるとは限らないのです。

確認ダイアログがうざいのでチェックを外すと、思わぬ報復をうける

確認ダイアログがうざいのでチェックを外すと、思わぬ結果になる。

下のように、個別のpdfファイルにばらけてしまいます。「スキャン後、ページフォルダを表示する」にチェックがついていないと、「全ページを1ファイルにまとめる」という表記は、単なる幻なのです。

「全ページを1ファイルにまとめる」に設定しても、個別pdfファイルにばらける。

「全ページを1ファイルにまとめる」に設定しても、個別pdfファイルにばらける。

「スキャン後、ページフォルダを表示する」にチェックして、連続してスキャンしようとすると、うざいダイアログが表れます。

GT-f740にある「4つのボタン」を台無しにするダイアログ

GT-f740にある「4つのボタン」を台無しにするダイアログ。

「ページ追加」はマウスでクリックします。続けてスキャンするために、スキャナの電源ボタンか、ソフトウェアのEPSON Scanで「スキャン」をクリックします。ページもののPDFを作るためには、必ずこのダイアログを呼び出して、マウスで「マウス追加」をクリックしなければならないのです。

これって、ほんと、あきれるほど、ばかな設計だと思う。なんのために、GT-f740に4つのボタンをつけたのだろう? マウスのボタンだって、機能を割り当てることとができるのに。GT-f740の4つのボタンは(Event Managerというドライバーはあるものの)、カスタマイズもできないのです。エプソンの技術者の方に実機検証を数回依頼しました。その結果は、Macでも、Windowsでも、同じ結果でした。今後、ドライバーのバージョンアップで改善の予定もないそうです。

ダイアログに見える「全ページを1ファイルに保存」という表記は幻です。

ダイアログに見える「全ページを1ファイルに保存」という表記は幻です。

したがって、全ページを1ファイルに保存して、効率よく書籍を自炊するには、各自利用者が工夫しなければなりません。たとえば、Macのアプリケーション「イメージキャプチャ」を使ってスキャンするするとか(使えるようにするには、エプソンのHPよりドライバーのダウンロードが必要です)、もしくはEPSON Scanであえて個別のpdfファイルをつくり、Adobe Acrobatで「結合」するとか。

Adobe Acrobatで複数のファイルを「結合」する

Adobe Acrobatで複数のファイルを「結合」する場合。

ハードウェアのGT-f740はなかなか良かったけれど、ソフトウェアがウンコだったエプソンさんには、心底おどろきました。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク