【ロボットチキン/スター・ウォーズ】Appleとダークサイドの不機嫌な皇帝

シェアする

スティーブ・ジョブスの伝記を読んでいると、アニメ「ロボットチキン/スター・ウォーズ」で登場するダークサイドの「皇帝」を連想してしまいます。

「ロボットチキン/スター・ウォーズ」で登場するダークサイドの「皇帝」は、気が短いかんしゃく持ちです。このアニメでは、社会性のない皇帝の日常が描かれています。部下のひどい裏切りや、気の合わない同僚たちのせいで、エレベーターに乗れませんでした。そこで、別のルート(つまりエスカレーターを使って)で目的地をコミカルに目指します。

Appleを追い出されたスティーブ・ジョブスも短気で、エレベーターにまつわる面白い逸話を残しています。

アップル時代、廊下でスティーブ・ジョブズと偶然会ったり、エレベーターにたまたま乗り合わせたりしようものなら、生きた心地がしなかった社員もいた。気まぐれになにかを聞かれ、気に入らない答え方でも返せば、とんでもないことになるからだ。

面と向かってメチャクチャを言われる。あまりの暴言に何週間も落ち込むのはまだいいほうだ。ひどいときには、エレベーターのドアが開くころにはプロジェクトの中止を言い渡されたり、クビを宣告されることすらあったほどだ。

出典:『スティーブ・ジョブズ神の交渉力』エリック・タム(著),竹内一正(訳)、経済界、2008年

スティーブ・ジョブズの才能は、人の才能を見抜くことでした。一方で、部下が忠誠を誓っていても、ジョブズはいったん人を嫌いになるとトコトン嫌いになってしまうようです。自己中心的で傍若無人に振る舞えるのは、Appleの「皇帝」だったからに違いありません。

PR
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク