高額な治療費で神経を抜いた前歯がうずく、歯医者から言われたことは

シェアする

前歯がない人のイメージ写真(なお、筆者は中年男子です)

前歯がない人のイメージ写真(なお、筆者は中年男子です)

朝、目覚めると、前歯が不気味にうずいた。この前歯の神経はすでに抜かれていて、差し歯が被されている。保険外のセラミック製で、10万円ほどの治療費がかかっていた。私は、このうずきに、すっかりナーバスになった。差し歯の作り替え、インプラント、いずれも高額な治療費を予感させる。そこで、午前中の仕事を取りやめ、歯医者に診てもらった。

レントゲン写真には、虫歯はなかった。しかし、うずきのある前歯の根元に炎症物質がたまっているらしい。歯に神経がないと、血が通わないので、抵抗力が落ちるようだ。

歯医者は「このまま歯を安静にしていれば、良くなる可能性が高い。うずきではなく、痛みがでたら、また来なさい」と言う。歯医者は、以下の提案をした。

  • うずきのある差し歯で、固いモノを噛まない
  • 寝るときに歯ぎしり防止で、マウスピースをする

これからは、歯の神経をなるべく抜かずに済む生活をめざしたい。神経のない歯は、やはり寿命が短くなる。いずれはインプラントも覚悟した方がよさそうだ。

Macintoshの買い換えのために貯めているお金は、インプラントの代金に変わってしまうかも。健康のため、Macのため、貯金はやはり大切だと実感した。「よ~く考えよぉ~ お金は大事だよぉ~」という歌声が脳内でこだましていた。

PR
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク