ブラックコーヒーは初恋の味(イラスト:筆者)
ブラックコーヒーは初恋の味(イラスト:筆者)

学生時代から付き合いのある先輩で、立ち振る舞いがロバート・デ・ニーロに似ている、格好いい人がいる。

これから書く話は、1999年頃のこと。彼は反政府ゲリラを取材するため、インドネシアのとある町に滞在していた。

コーヒーを飲もうと思い、町のコーヒーショップに入って注文した。すると、差し出されたのは、一杯のコーヒーと大量の砂糖。「砂糖はいらない」と(たぶん)デ・ニーロのように渋く返そうとする先輩に、お店の人は驚く。「えっ! うそだろ?!なんで? 遠慮すんなよ」と信じてくれず、コーヒーに大量の砂糖を入れられそうになったという。先輩は「ありがとう、ホントにいらないです」と断るのが大変だったと、帰国してから話してくれた。

思えば、ベトナムコーヒーなら、牛乳の代わりに甘いコンデンスミルクを入れる。東南アジア圏は、めっぽう甘党の文化のようだ。コーヒーに砂糖を入れると、集中力とリラックス効果がアップするメリットもある[1]けれど、過剰摂取にも気をつけたいところだ。役者が役作りをしているわけでもないから、意図せずして太るのは困っちゃう。

この話をはじめて聞いてから、ずいぶんと時間は経ったが、いまも甘いのだろうか。いつの日か、私も現地のコーヒーを飲んでみたい。

PR


  1. コーヒー語辞典』山本 加奈子 (著), 村澤 智之 (監修)、誠文堂新光社 、2015年 p.160

木村邦彦

法政大学文学部哲学科卒業。書籍編集、業界紙記者を経て編集、ライターなどをしています。(さらに詳しい自己紹介