神も仏もありゃしねー!恋に敗れたニーチェさん

シェアする

ドイツの哲学者ニーチェさんは、友だちのレー君から、ルーさんを紹介されました。知的な素敵な女性で、ニーチェさんはすっかり心を奪われました。

th_130509-2400-1

ところが、友だちのレー君も、ルーさんが大好きです。しかも、友だちの三角関係に留まらず、詩人のリルケさんまでルーさんに求愛しました。ニーチェさんのまわりは、強敵ばかり。そこで、モテモテ女子のルーさんを口説き落とす言葉を寝ずに考えました。

th_130509-2400-2

しかし、ニーチェさんは思い切って、ルーさんに求愛したものの、結果は「ごめんなさい」でした。彼女が夫として選んだのは、レー君も、リルケさんでもなく、イラン人の学者さんでした。まだいたの!

th_130509-2400-3

失恋の痛手に打ちひしがれたニーチェさんは、あの有名な「ツゥアラトゥストラ」を書くことになります。「神は死んだ」の名文句で有名ですね。まさに、ピンチな状況こそ、商機なり。がんばれニーチェさん〜!

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク