マンガのPDF化、1日かけて何冊できる?【裁断機とScanSnap iX500の自炊】

シェアする

マンガを自炊してPDFにする

マンガを自炊してPDF化する

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」と『葉隠』の筆者は言ったけれど、私に言わせれば生きることは死ぬ準備をすることだと思う。マンガだって墓場まで持っていけない。大型本以外は自炊(スキャンしてPDF化)することにした。

休日は、部屋を占めるマンガを裁断し、

大型裁断機 ペーパーカッター  書籍断裁可

画像:Amazonより。私が使っている裁断機「大型裁断機 ペーパーカッター  書籍断裁可

富士通のドキュメントスキャナー「ScanSnap iX500」で、スキャンする。

富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A

画像:Amazonより。富士通 FUJITSU ScanSnap iX500

裁断後、ページとページがくっついていないかを確認し(これが大事!)、ドキュメントスキャナーに読み込ませてゆく。かくして、保存したフォルダーを見ると200ページ前後のマンガ本を、1時間に10冊程度のペースで自炊し、一日で62個のPDFファイルを作った

たかが自炊と思うなかれ、これでけっこう疲れる。

42531_03

ドキュメントスキャナーを連続稼働していると、内部はホコリで汚れてきます。放っておくと、読み取ったデーターにスジができてしまうので、ときおり、拭き掃除が必要。

PDFのデータも軽くチェックする。スキャンしたページが、ななめになることがある。ScanSnapの付属ソフトで「読み取りモードのオプション」の「文字列の傾きを自動的に補正する」が、この原因だった。

42531_04

こうして、自分ならではの方法が形づくられる。蔵書の自炊は、急ぎすぎず着実にこなしてゆきたい。この作業は、今月いっぱい続きそう。

PR
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク