【干し野菜】カラカラの干しキャベツは、水で元通りにカタチを戻せる?

シェアする

42183_IMG_3965

2016年8月の東京は猛暑続き。この暑さを利用して、千切りキャベツを3日ほど干してみました。冷蔵で3週間ほど保存できます[1]。もともと、半分ぐらいの大きさのキャベツが、面白いくらいに小さくなりました。

キャベツには二日酔いに効き、がん予防やリラックス効果もあると言われています。このカラカラにした干しキャベツは水で、どれくらいカタチを戻せるのでしょう? そこでさっそく試してみました。

まずは、蕎麦猪口に、干しキャベツをひとつまみ。

42183_IMG_3973

次に、水を入れて様子をみてみる。

42183_IMG_3976

しばらく放置。みずみずしさが復活しました。

42183_IMG_3980

スプーンですくうと、ハリが生まれているのが分かります。

42183_IMG_3986

試しにひとつ食べてみました。すると、生野菜のキャベツの味ではなく、やはり干しキャベツの味がします。独特のもっちりさが加わった、旨味のある食感に変わっているのです。

干しキャベツの利用方法で、一番手軽なのは、そのままスープ具材として、お鍋に放り込むことでしょう。でも、このように水で戻せば、お好み焼きなどの食材としても、利用できそうです。

野菜は干せば小さくなるので、冷蔵庫の保存スペースに余裕が生まれるのも嬉しい。

PR
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介


  1. しっかり干しておいしく長もち 干し野菜のラクうまレシピ
    』な すんじゃ著、家の光協会、2015年、p46
スポンサーリンク