【 aromore(アロモア) 】自分好みの香りと付き合い方を探す

シェアする

2本のアロマシャワー

2本のアロマシャワー

今年にはいって、苦楽をともにしてきたアロマ生活。

自分好みのアロマスプレーを作りたい。でも、エッセンシャルオイルや容器などを買いそろえるのは手間がかかります。自力で作るのは諦め、いまではお気に入りのお店で注文しています。けっこう、お気に入りの香りは手に入るものです。

そこで今回は、私が何度も購入しているお気に入りの「アロマシャワー」をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

自分好みのアロマシャワー

41739_IMG_2280

真正ラベンダー」のアロマシャワー(スプレー)とボトルに入った「フレッシュラベンダー

アロマシャワーとは、スプレー用にブレンドしたアロマオイルです。ハンカチやマスクに吹きかけて香りを楽しんだり、お掃除で使ったりします。愛用するアロマシャワー(「快適生活shop Layla」さん)では、次の3つのポイントが気に入っています。

お気に入りになるアロマシャワーのポイント

  1. アルコール臭が全くしない
  2. 値段が手頃:好きな香りのスプレーを2本で1,080円(税込み、送料込み)
  3. 詰め替え用もある

そのときどきで、好きな香りを選んでいます。

「イージーブリース」と「真正ラベンダー」

ある日、夫が風邪をひいたのか、苦しそうにマスクをしていました。思い出したのは、花粉症のときに、私はマスクとアロマスプレーで楽になったことです。そこで、「イージーブリース」「真正ラベンダー」の二種類のアロマスプレーを注文したところ、翌日には届きました。

大きさは、片手でつかめるぐらい。軽くて持ちやすい容器に入っています。

イージーブリースと真生ラベンダー

イージーブリース」「真正ラベンダー」の二種類のアロマスプレー

イージーブリースのエッセンシャルオイルはシダーウッドペパーミントレモンユーカリで構成されています。とてもすっきりした香りです。この香りならマスクにスプレーしても気持ちよく息ができそうです。人によって相性はありましょうが、風邪引き夫はマスクにスプレーを吹きかけ、気に入っていたようです。

真正ラベンダーの香りは強めです。私はラベンダーの香りが好きで、このスプレーを使って、玄関や廊下などの拭き掃除でも使っています。

アロマシャワー以外の香りがある生活

コンセントランプタイプのアロマランプは足下も照らす

もちろん、アロマを楽しむのはアロマシャワーだけでなく、通常のボトルタイプもかかせません。アロモアといったディフューザーも愛用していますが、廊下で使っているのは違うタイプです。

廊下ではコンセントランプタイプのアロマランプが活躍しています

我が家で使うコンセントランプタイプのアロマランプは、非常灯としても重宝

我が家で使うコンセントランプタイプのアロマランプは、夜間は非常灯としても重宝している

電気を使うタイプは、ロウソクを使ったタイプとは違い、火事の心配は少ないので安心。暗い廊下で足下を照らすランプとしても重宝します。上部のくぼみにラベンダーのエッセンシャルオイルを垂らして使っています。中には電球が入っています。

ネットで調べてみましたが、下のタイプは我が家のものと近いように思えます。

葉っぱ系の香りは疲労を癒やす

疲れたときには、葉っぱ系の香りに癒されています。生のローズマリーをダイニングに飾っているほどです。

生のローズマリーは、スーパーマーケットの食材売り場などで手に入る

生のローズマリーは、スーパーマーケットの食材売り場などで手に入る

今回は「ローズマリー・カンファー」のオイルも買いました。

ローズマリーの香りが大好きです。公園やお庭に生えたローズマリーを見かけると、ついつい近寄って、香りを楽しんでしまいます。

ご近所の庭で生い茂るローズマリー

ご近所の庭で生い茂るローズマリー

3,4種類のオイルを常備しています。在庫が少なくなってきたら買うようにしています。つい最近、レモングラスのオイルがなくなったので、ちょうどいいタイミングで買えました。次は何にしようかなと迷うのも楽しいです。

関連ページ:快適生活shop Layla

サラスワティー

井の頭公園や上野公園、水天宮でも祀られている芸術、学問の神様。ふだんは、OLとして身を隠している。必要なモノ以外はもたないがポリシー。

スポンサーリンク