うどん・そばと一緒に何を食べる?かき揚げ、とり天、ちくわ天

シェアする

冷やし讃岐うどんに乗っかったとり天とちくわぶ

冷やし讃岐うどんに乗っかったとり天とちくわ

先週末は、妻とお気に入りの讃岐うどん屋に行きました。立ち食いのお店なのですが、電車に乗って無性に訪れたくなります。

おにやんまの前は、いつも行列

おにやんまの前は、いつも行列

いつも、すごい行列です。でも、順番がまわってくるのは早い。席に着くと、すでに注文の品が準備されている。手際良さには、いつも驚く。

さて、うどんやお蕎麦のトッピングを考えるのは楽しいですよね。みなさんは、何が好きですか。

冷やしとり天ちくわに、さらに「とり天」をプラス

冷やしとり天ちくわに、さらに「とり天」をプラス

この日は、とり天が目当てでした。でも、最近は「ちくわ天」も楽しいと思う。

通への道は、案外ちくわぶから入るのではないと思った

通への道は、案外ちくわぶから入るのではないと思った

きっかけは古典落語の「時そば」でした。このこっけいな話では、ちくわの厚さがやたら話題になる。

ある冬の深夜0時頃、小腹が空いた男Aが通りすがりの屋台の二八そば屋を呼び止める。Aは主人と気さくに「おうッ、何ができる? 花巻にしっぽく? しっぽくひとつこしらいてくんねえ。寒いなァ」とちくわ入りのかけそばを注文する。その後は、看板を褒めたり「いや、実に良い箸だよ。素晴らしい」と割り箸をほめる。更にそばを食べながら器、汁、麺、具のちくわなどを幇間(たいこもち)よろしく、ひたすらほめてほめてほめ上げる。

出典:時そば – Wikipedia(閲覧日:2016年7月28日)

江戸時代の蕎麦やうどん屋では、ちくわ天がトッピングされていたことが分かる。結構、由緒正しいものです。江戸情緒に思いを馳せながら、お蕎麦やうどんをすするのも楽しい。おにやんまのちくわも分厚く、大変に美味しかったですよ。

というわけで、これからは、ちくわ天の(厚さ?)にもこだわってみようと思います。

関連ランキング:うどん | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク