中国人が欲しがった日本製の化粧品・日用品 10選【中国出張記 #5】

撮影・筆者

撮影・筆者

こんにちは、サラスワティーです。2016年6月、一週間ほど仕事で北京などへ出張してきました。この旅のお話を、数回に分けてレポートしています。前回は、中国の安全事情のお話でした。

第5回目の今回は、渡航前に日本で買った中国人への手土産のお話です。

スポンサーリンク

中国人にリクエストされた日本からの手土産10選

中国に出張する前、仕事先の中国人から日本で買ってきてほしいモノを頼まれました。

皆さんもご存知のとおり、中国では、日本の化粧品や日用品は絶大な信頼を得ています。銀座などのドラッグストアで化粧品などを「爆買いしている中国人」をテレビや雑誌でご覧になった方も多いと思います。免税店登録をしているお店は、中国人観光客がさらに集まります。少しでもいい物、使いやすい物を使えば、それに慣れてしまうのが人間というもの。ビザ緩和にともなって、中国人は誰かが「日本に旅行する」「出張する」と聞けば、お土産を頼みます。これが、爆買いの仕組みになっています。

私が買ったものをご紹介しましょう。

①顔のパック

顔に乗せてしばらく置くとお肌がプルプルになるパックです。耳にひっかけたり、立 体感があるパックが人気です。

②傷パワーパッド

ちょっと高い絆創膏です。私も家ではこれを使っています。目立たないので気に入っています。

③液体絆創膏

こういう商品があるのを知りませんでした。すごく人気があるそうです。私も使いたくなりました。

④リップクリーム

⑤歯ブラシ、歯間ブラシ

どうしてこんなものまで?と思いますが、中国の歯ブラシは大きく、ブラシ部分がす ぐに抜けてしまい使いにくかったです。日本製の歯ブラシは歯ブラシの部分が細かかったり、持ち手部分に工夫があったりで種類が多くて使いやすいです。

⑥ウェットティッシュ、汗を拭くシート

中国はあまり衛生的な国ではありません。レストランに行ってもテーブルが汚れていたり、トイレに行って手を洗っても手を拭 く使い捨てティッシュがないトイレが多いです。

全体的に埃っぽく、手が汚れてしまうことも多いので、これは本当に便利です。私が訪中した6月はとっても暑く湿気が多い時期でしたので、ウェットティッシュは自分用にも買って使っていました。

⑦医薬品

アンメルツヨコヨコ、目薬、湿布、魚の目用の貼り薬を頼まれました。目に直接入れるものを買うのは抵抗がありますので、ブランドなどを指定していただいてから買いました。

⑧白い恋人

中国人観光客にとっては「白い恋人」は日本を代表するお菓子です。空港の免税店で一人で数十個買っている中国人がいました。

キットカットの抹茶味、東京ばな奈などパッと見てわかりやすいお菓子が人気があるようです。私は「じゃがポックル」を食べたことがありません。空港の免税店でたくさん買っている中国人がいました。

⑨お酒、たばこ

重い物を持って空港まで行く手間のは大変ですので、空港の免税店で買うのをお勧めします。

強いものが好き、日本酒が好きなど好みが分かれますので、確かめてから買うのがいいと思います。

⑩水筒

中国に行くと、よくガラス瓶のような透明な入れ物に茶葉が入っているのを見かけます。

中国茶用茶漉し付き携帯水筒

画像:楽天より「中国茶用茶漉し付き携帯水筒

中国人は「マイ水筒」を持ち歩いている人が多いです。 街で通りすがった人、タクシーの運転手さん、たくさんの人が水筒を持ち歩いていました。ガラス瓶のような透明な入れ物は中国では一般的ですが、保温機能がないので冷めるのが早いです。

温かいお茶を飲みたい中国人に大人気なのが「THERMOS(サーモス)」です。サーモスの水筒は保温性が高く、見た目もきれいで洗いやすく、軽く、機能的なので 大人気です。今までに何度も頼まれて10個以上買いました。

私も会社で使っています。朝お茶を入れると夕方まで温かいお茶を飲めるほど、保温 機能が高いです。 今までは机の上にマグカップを置いていたのですが、埃が入ってしまいそうなこと、 こぼして書類やパソコンに影響があるのを恐れ、今はサーモスの水筒を愛用中です。 ハーブティ、ルイボスティなど毎日香りと風味を楽しんでいます。

外して丸洗いできますし、軽くて持ち歩きも楽。外出する時はマイ水筒を持って出か けます。 中国人はサーモスの水筒は買いますが、パッキンまでは買わないので、買う時はいつ も「パッキンも買ってくださいね。消耗品ですから」と説明します。でも、買っている人を見たことがありませんし、頼まれたこともありません。 パッキンをつけ忘れると漏れてしまうので要注意。飲みにくいだけではなく、バッ グの中が水浸しになってしまいます。

以上、日本から中国に持っていった手土産でした。日常的なモノばかりですが、日本人からすると意外なモノも手土産として喜ばれるようです。

スポンサーリンク