樋口喜昭さん「幸せになる技術」 むかしのSHARPはスゴかった

シェアする

樋口喜昭さん「幸せになる技術」 むかしのSHARPはスゴかった

樋口喜昭さん「幸せになる技術」 むかしのSHARPはスゴかった

ネットラジオの事情ラジオ(http://www.voiceblog.jp/jijyoradio/)をご存知だろうか。旧友が運営に関っているということもあり、2006年の「開局」から、ときたま聴いている。

有志による運営で、複数のトーク番組が組まれている。それぞれの番組に担当のパーソナリティがいる豪華さだ。専門分野を持つ人たちが登場し、奔放な毒舌系からこだわりのギーグ系まで幅広い。

長い歴史ゆえ、履歴をさかのぼり、好みの配信を見つけるのも面白い。数は少ないが、ギーグ系の番組は一聴の価値がある。なかでも、技術担当の樋口喜昭さんのトークは、こだわりを感じて楽しい。

ここでは、少々古い配信になるが、樋口さんが愛蔵するB級デバイスについて語った「幸せになる技術#002」(2012年7月24日配信)を紹介してみたい。

iPadiPhoneもなかった20世紀末、SHARPシャープ)が世に問うた斬新な電話機があった。

液晶マルチメディアホンNC-SB10(リンク先は画像)である。たしかに、当時、こんな電話機があったような気もする。

発売当時の新製品情報(画像は同シリーズの「NC-10」)

発売当時の新製品情報(画像は同シリーズの「NC-10」出典:当時のSHARP HPより)

電話、FAX、メール、インターネット、赤外線通信を一台でこなす。FAXは紙を使わず、液晶画面で表示する。発売当時、インターネットは電話の固定回線を使うのが主流だった。にもかかわらず、NC-SB10はiPadiPhoneのようなiOSのアイデアをすでに先取りしていると樋口さんは熱く語る。

付属のペンで液晶画面を操作する。お世辞にも、使い勝手が良いとは言えない。盛りだくさんの機能と、使い勝手の悪さ。清濁併せ呑むこの電話機は、いったい誰を幸せにしただろうか? 進行役のモルタルさんの問いに、樋口さんはつぎのように答えた。

「一般の人を幸せにはしなかったが、技術者(の開発精神)を刺激したことだろう」

NC-SB10の話から、わたしは90年代頃のSHARPを代表する素晴らしい電子手帳(PDA)のことをを思い浮かべていた。SHARP独自のZaurus OSをそなえていた「Zaurus」シリーズである。

1990年末、iPadやiPhoneはたしかになかったけれど、iPod touchのようなPDAはすでに存在していた。それがSHARPの場合は、Zaurusなのだ。

Apple iPod touch 32GB 第6世代 2015年モデル スペースグレイ MKJ02J/A

Appleの iPod touch第1世代は2007年9月5日に発売された。 (画像は第6世代 2015年モデル MKJ02J/A

ZaurusシリーズとNC-SB10には、似通った設計思想を発見できる。いま私の手元にも、一台のPDAがある。SHARPが1999年12月に発売したZaurusシリーズのMI-C1だ。ボロボロだが現役の愛機である。

このデバイスと、NC-SB10との共通点をみてみよう。基本的にタッチペンのような尖ったもので操作する。プリンターと接続はできない。以前はできたが、いまはパソコンと同期ができない。BluetoothやWi-Fi 接続はできないが、赤外線通信はできる。携帯電話に専用ケーブルでつなぎメールやネットを行う。

筆者が所有するMI-C1(	1999年12月07日発売)

筆者が所有するMI-C1(1999年12月07日発売)

NC-SB10からは、わくわくする作品を生み出していた、90年代頃のSHARPの姿が蘇ってくる。

SHARP独自のZaurusOSの開発はすでに終了し、2006年3月を最後にZaurus自体の生産も完了した。時代の最前線はスマートフォンへ完璧に移った。SHARPが、市場に投入するスマホはAQUOSシリーズである。戦いの場は、Android OSという他人の土俵だ。似たり寄ったりなスマホが拮抗する通信業界のなかで、オリジナリティを生む苦悩がにじむ。

思えば、90年代後半は、SHARPがSHARPらしかった時代だった。その後、凋落の歴史をたどる。いまでは外資系企業傘下となったのは、周知のとおりだ。

NC-SB10で見せた技術者を幸せにするDNAは失われてしまったのだろうか。ふただびSHARPが「幸せになる技術」を生み出す、活気ある時代の到来をかげなら望みたい。

お知らせ
2017年3月23日:配信データ先ケロログにアクセス不可のため、音源は直リンに変更しました。
2016年9月18日:ネットラジオの配信データが直リンになっていたので、サイトへのへリンクに変更いたしました。

PR
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク